八戸市の歯科「八戸総合 歯科・矯正歯科」は痛みの少ない、精密治療の歯医者です

八戸市の歯科「八戸総合 歯科・矯正歯科」は痛みの少ない、精密治療

八戸総合 歯科・矯正歯科
新規患者様用

ご予約フォーム

完全予約制

0178-43-0517

受付案内:月~土9:00〜13:00/14:30〜18:00   休診:日

menu

歯の豆知識

2023.01.16

歯ぎしりは、自分の歯を壊す!?

【歯ぎしりは、自分の歯を壊す!?】

こんばんわ、青森県八戸市根城よしだ歯科の歯科医師、山田優貴です!!

さて、今回は

『歯ぎしり』

についてです。

歯ぎしりは、

歯科用語で「ブラキシズム」

と呼ばれています。

ブラキシズムは

口腔異常習癖と呼ばれ、

上下の歯をすりあわせる事で

「ギリギリ、ギリギリ。。。」

と、音が出ます。

なぜ、悪習癖と呼ばれるのか。

その理由には、

①歯が摩耗(すり減る)する。

②顎関節症になる恐れがある。

③虫歯や歯周病のリスクが上がることがある。

④騒音等で周囲の人に迷惑をかける事がある。

等があります。

①に関しては、

ギシギシと歯をすり減らす事で、

歯がどんどん摩耗します。

すると、

歯の神経までの距離が近づく事や、

歯頚部(歯と歯茎の際の部分)に負担がかかる事により

知覚過敏症状(歯がしみる等)が発症します。

②に関しては、

顎に負担がかかる事で、

痛みや、

機能障害(口が開かない、開きにくい、開く際に音が出る)が起こったりします。

③に関しては、

歯に負担がかかる事で、

歯にクラック(ひび、亀裂)がは入り、

そこから虫歯菌が入り込む事で、

一生懸命口腔ケアをしても

虫歯になってしまう事もあります。

歯周病は力がかかる事で

揺さぶられ、進行が早まる事があります。

このように様々な症状を発祥する

『ブラキシズム』

 

を予防するためには

 

ナイトガード

*
新規患者様用ご予約フォーム
電話でご予約