八戸市の歯科「八戸総合 歯科・矯正歯科」は痛みの少ない、精密治療の歯医者です

八戸市の歯科「八戸総合 歯科・矯正歯科」は痛みの少ない、精密治療

八戸総合 歯科・矯正歯科
新規患者様用

ご予約フォーム

完全予約制

0178-43-0517

受付案内:月~土8:30~17:00   休診:日

menu

歯の豆知識

2023.01.16

入れ歯の汚れについて

皆さん、こんにちは!
根城よしだ歯科の歯科医師の坂本です。
今回は入れ歯の汚れについてお話したいと思います。

根城よしだ歯科では訪問診療を行っております。訪問先で入れ歯のメンテナンスや清掃を行っていますが、何か月も入れ歯を外さないで使い続けたため、汚れがびっしりついている。
という場面に出くわすことも少なくありません。
このように使い続けた入れ歯の汚れは、食べ物の残りカスであることもありますが、ほとんどがデンチャープラーク(入れ歯の歯垢)と言われています。
これがどのような物か想像できますでしょうか?
デンチャープラークとは細菌の塊のことで、ヌルヌルした状態で入れ歯に張り付いています。
といってもなかなか想像がつかない方もいらっしゃると思います。そういう方は、台所のシンクに置かれている三角コーナーのことを思い浮かべてみてください。
三角コーナーは使いこんでくるとヌルヌルしてきますが、これは表面に付着した細菌の層が密集して、膜状になったものなのです。
デンチャープラークは、これと同じようなものと考えて下さい。
では、汚れてきた三角コーナーをきれいにしようと思ったら、どうしますか?
台所用のブラシでゴシゴシと、何度もこすりますよね。
そして、しばらく洗っていると、「キュッキュッ」と音がするようになります。
入れ歯の洗い方も全く同じです。単に水で流したり、たまに入れ歯用洗浄剤の中に浸けたりするだけでは、きれいになりません。しっかりと、ブラシで「キュッキュッ」と音がするようになるまで、何度もていねいにこすって、毎日入れ歯用洗浄剤の中に浸けて、きれいにすることが大切です。
汚れが残っていることでニオイの元になったり、高齢者の死因の上位を占めている誤嚥性肺炎の原因にもつながります。
とある研究結果では、入れ歯を毎日清掃しない人において、過去1年間の肺炎発症のリスクが1.30倍、75歳以上の人に限ると1.58倍高いことがわかっています。
ご病気などで、ご自身で入れ歯の掃除が難しい方もいらっしゃると思いますが、その場合、ご家族の方などが代わりにケアして頂けたらと思います。入れ歯の内面が一番汚れがたまっていることが多いです。一度入れ歯を外して、汚れ具合を確認してみてください。
当院にも、専用の洗浄剤やブラシなどご用意しております。
また訪問診療による、入れ歯のメンテナンスや清掃も行っております。

かかりつけ歯科医に定期的にかよって、ずっと笑顔で健康長寿を目指しましょう!
何か心配ごとがございましたら、一度ご相談ください。

*
新規患者様用ご予約フォーム
電話でご予約