八戸市の歯科「八戸総合 歯科・矯正歯科」は痛みの少ない、精密治療の歯医者です

八戸市の歯科「八戸総合 歯科・矯正歯科」は痛みの少ない、精密治療

八戸総合 歯科・矯正歯科
新規患者様用

ご予約フォーム

完全予約制

0178-43-0517

受付案内:月~土9:00〜13:00/14:30〜18:00   休診:日

menu

歯の豆知識

2023.01.16

キシリトールで歯を予防!!

【キシリトールで歯を予防!!】

こんばんわ。

青森県八戸市の歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師山田優貴です!

「キシリトール」

最近はかなり耳にすることが増えてきましたね。

普通のガムを食べると虫歯になるって聞くし、

とりあえず、

キシリトールのガムにしとくか。

そんな感じで

キシリトールガムを

みなさん購入していませんか?

では、

なぜ、

キシリトールがいいのか。

そうです。

物事には

必ず

理由があります!

キシリトールが持つ

虫歯予防の力。

大きく分けて③つあります。

①非発酵性

ソルビトールやマルチトールなど、多くの糖アルコールは少ない量ではありますが、口腔常在菌から虫歯の原因となる酸を産生します。それに対してキシリトールは口腔常在菌が利用できないため、酸を全く作りません。

②プラーク(歯垢)の改良

プラーク中に存在するショ糖を分解する酵素(シュクラーゼ)の活性を低下させ、プラーク中で酸ができにくくするだけでなく、アンモニア濃度を上げて酸の中和を促進する働きが、キシリトールにはあります。

③ミュータンス菌(虫歯原因菌)の抑制

キシリトールがミュータンス菌内に取り込まれても、代謝されず、ミュータンス菌内に留まることで、ミュータンス菌のエネルギーを消耗させます。これによってミュータンス菌の数は減少し、酸産生も抑制されます。(中にはキシリトールを取り込まないミュータンス菌も存在します。)

このように、キシリトールとは

虫歯になりにくい

ではなく、

虫歯を防ぐ

甘味料です。

口腔内を良い環境に維持するためには

①歯磨きをすること(歯ブラシ、フロス、歯間ブラシetc…)

②フッ素入りの歯磨き粉を併用すること(フッ化物の応用)

③発酵性のある食物を口腔内に含む回数を減らすこと

④これらの手段がきちんと行われているか、専門家に確認してもらうこと(定期的なメンテナンス)

が必須です。

これらの中で、

より効果を上げるために

キシリトールの

摂取は有用です。

より良い口腔内環境を目指したいあなた。

ぜひ

キシリトールで予防を

初めましょう!!

*
新規患者様用ご予約フォーム
電話でご予約