八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

  • 予約
  • 予約
ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

スタッフブログ

2018/11/27
★休診日のお知らせ★

青森県八戸市 根城よしだ歯科です

深秋の候、みなさまいかがお過ごしでしょうか?


11/28(水)~11/30(金)研修会のため休診致します。
休診中にお痛みやお困りのことがありましたら、下記の2医院のどちらかにお電話の上ご来院お願い致します。
ご理解とご協力の程、よろしくお願い致します。

  ほりべ歯科クリニック
  こちらをクリック→   http://www.horibe-dc.com/

  中里デンタルクリニック
    こちらをクリック→ http://www.nakasato-dental.com/     

カテゴリ:

2018/11/10
矯正治療について

青森県八戸市根城よしだ歯科 受付工藤です。


11月ですが、暖かい日が続いております。
異常気象の影響か東京では、先日蝉が鳴いていたとニュースでみてびっくりしました。
 

今回は、歯の矯正についてのお話しです。
歯の矯正は、長期間かけて不正な位置にある歯を矯正器具を使いあごの骨の中を動かす(歯槽骨)治療のことです。
歯を動かすため、少し痛みを伴う事もあることもあります。
矯正装置を付ける事により、お手入れもしっかりしないと虫歯、歯周病になるリスクも高くなります。

矯正治療が終了したからといって、矯正は終わりではありません。
装置が外れたら、歯が元の場所に戻らないための装置をはめなければなりません。

後戻りを防ぐための装置をリテーナーといいます。

矯正完了後、最初の1年は毎日食事以外に装着してもらいます。
その後も、最低1週間に1度は入れて習慣化していくことも必要です。
努力とお金と時間をかけて、見た目や機能的に改善した歯並びを維持していくこともとても大切になります。
まれに、矯正装置を外し後戻りしてしまう方もいらっしゃいます。さらに
メンテナンスも重要になってきます。
3ヶ月~半年に1回メンテナンスを受けていただき、歯並びのチェックやリテーナーのチェックも受けられるのでおすすめです。

 

 

 

 

矯正の一期治療をする方が望ましいケースって?

青森県 八戸市 根城よしだ歯科 歯科衛生士 杉澤です。

 

矯正治療の中でも一期治療と二期治療に分かれる矯正の中でも

一期治療を始めた方が良いケースについてお話しして行きたいと思います。

 

そもそも一期治療とは・・・

思春期性成長の前のあごの骨格は成長途中で

成長をコントロールすることができ

成長を促したり、抑制したり、誘導したりして

アンバランスやゆがみを改善することができます。

習癖をなくしたりすることで正しい成長に導くことができます。

この時期に行う矯正を【一期治療】と言います。

歯を並べる土台を治せる治療です。

 

二期治療(本格的な治療)として、永久歯個々の歯を正しく並べる

仕上げの治療のことです。

多くの矯正治療は一期治療と二期治療がセットで行われます。

 

受け口、骨格性の出っ歯、開咬などあごの骨格に問題がある場合や

舌のくせの問題などがある場合は、骨格がまだ成長途中で、

成長のコントロールかが可能な8歳前後から一期治療で骨格の

アンバランスを改善したり、癖をなくすトレーニングなどを行い

二期治療で仕上げます、

歯や歯を支える組織に問題を起こしたり、体の成長のジャマをしている

緊急性がある場合は、さらに早期に一期治療を開始する場合もあります。

 

お子さんの良い歯並びが虫歯、歯周病のない健康的な大人への第一歩です。

 

 

次は歯科衛生士の坂本優衣が矯正治療中におすすめのケアグッズについてお話したいと思います。

矯正治療中は装置があり歯みがきが難しいと思います。

矯正治療中におすすめしているものはワンタフトブラシです!

ワンタフトブラシとは、One一つの Tuft毛束のブラシのことです。

 コンパクトで一つにまとまった毛束にすることにより、

 叢生部(歯並びがデコボコしている部分)、萌出が完了していない歯、

 挺出歯、孤立歯などを効果的に磨くことができます。

 通常のハブラシでは磨きづらいところも、狙った部位にピタッと当たる

 から時間をかけずにきちんと磨けます。

 また、歯列矯正装置の周辺を清掃するのにも適しています。

 

○使い方

 通常のブラシで磨いた後に、仕上げ用として使いましょう!

 歯肉溝(歯と歯茎の間)、歯肉辺縁部の根面に毛の先端を当て、

 軽くこすりつけながら数回移動させます。

 歯が複雑に入り組んでいる叢生部は、毛先がしっかり届くようにして磨きます。

 

歯ブラシといえば毎日歯を磨くときに一番使っているものだと思います。

歯ブラシによっては磨きにくいと感じたり歯ブラシが

当てにくい場所もあると思います。

矯正治療中の方だけではなく、皆さんにぜひ使ってみてほしいです!

 

 

皆さんこんにちは!続きまして私、歯科技工士の山内が矯正につてお話しします!

私たち歯科技工士の矯正への関わりと言えば、矯正装置の作成です。

矯正装置と一口に言ってもたくさんの種類があるので、今回は矯正が終わった後に着ける「リテーナー」について説明していきますね(^^♪

 

矯正をしたことがある皆さん、きちんとリテーナーはしていますか?

リテーナー(保定装置)は、簡単なつくりになっているのでその見た目からかやらなくなってしまう人もいますが、実はと~っても大切なものなんです!

 

当院で提供しているリテーナーは4種類あります。

・ボンデットワイヤー(非可撤式)

・サーカムリテーナー(可撤式)

・クリアリテーナー(可撤式)

・ホーレーリテーナー(可撤式)

 

歯というのは一度動かしたらその場にずっと留まるのではなく、実はまた元の位置に戻ろうとする、「後戻り」を起こしてしまうんです!

リテーナーは、矯正装置によって動かした歯を、後戻りしないように防止するために使用する「歯を動かさないための装置」です。

 

なので、せっかく長い時間をかけて綺麗な歯並びにしたのに、リテーナーをさぼってしまうとすべてが水の泡になってしまうのです。恐ろしいですね…。

長い期間になるとは思いますが、リテーナーは面倒くさがらずしっかりつけるようにしましょう!

カテゴリ:

2018/11/01
歯並びについて

みなさんこんにちは!

青森県八戸市根城よしだ歯科です!

最近、一段と寒くなってきましたね!

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

体調にはお気をつけください(^-^)

今回は、「歯並び」をテーマにお話ししようと思います!!!

今回のメンバーは、

歯科衛生士の山崎莉奈、受付の奥島麻衣、歯科技工士の間山明日香、山田佳澄の4名です!!!

まずは、受付の奥島麻衣です!

歯並びの矯正を希望する方で、最も多い理由は「見た目を良くしたい」というものです。もちろん見た目を良くするのはとても大事なことですが、歯並びの影響は体全体の健康に大きく影響するものです。今日は歯並びのリスクをご説明します。

 

むし歯になりやすい

歯並びが悪いと歯の周りに汚れがたまりやすく、また歯ブラシも届きにくくなります。歯の汚れはむし歯と歯周病の原因になります。

 

発音が正しくできない

奥歯を噛みしめて前が開く「開咬」の場合は、「サシスセソ」などの摩擦音も出しにくく英語の場合などは特に大きな障害となります。

 

そしゃく障害が起きやすい

食べ物を十分に噛み砕くことができないために、栄養摂取の効率が悪くなったり胃腸をこわしたりしがちです。

 

顎関節症(アゴの病気)を起こしやすい

噛み合わせが悪いため、口が開きにくく、アゴの関節で音がする、口を開けた時に関節の周りが痛むなどの障害の原因になります。

 

小さい頃から歯並びを改善することで将来の全身の健康につながります。

歯並びを良くする「矯正」に興味がある方などおりましたらぜひご相談くださいね♪

 

 

歯科技工士の山田佳澄です!!

普段私たち歯科技工士が歯並び改善や歯の位置固定などのために作製している装置をいくつかご紹介します!!!

 

1、リンガルアーチ

この装置は歯の裏側にアーチ状に曲げた太い針金(主線)が基本となる装置で、歯を動かした後に後戻りを防止する保定用として用います。

また、この主線に細い針金(補助弾線)を付けることで歯を動かすことも可能で歯に広範囲に接触する部分がないため、固定式装置ですが不潔にする割合が少ない装置です。

 

 

 

 

 

 

2、クワドヘリクス

この装置は上顎の横方向への成長を誘導する装置で、4つのヘリックスとアームから成り立っています。その部分を広げて調節することにより歯に力が加わります。

バンドが装着される大臼歯の捻転や傾斜の改善も可能になります。また、舌癖を改善するための装置などにも応用できます。

 

 

 

 

 

 

3、バイへリクス

この装置は下顎の横方向への成長を誘導する装置で、特に歯列全体が内側に傾いている場合などに有効です。
一つ前に書いたクワドヘリックスと同様にヘリックスとアームから成り立っており、その部分を広げて調節することにより歯に力が加わります!

 

4、タングガード

この装置は舌癖、または指しゃぶりによって開咬などになってしまうのを防ぐ装置で、異常嚥下運動や指しゃぶりを物理的に不可能とするものです。

 

 

 

 

 

 

このように様々あります!

歯並びがきになる方はぜひスタッフに聞いて見てください^-^

 

みなさんこんにちは!青森県 八戸市 根城よしだ歯科 歯科衛生士の山崎莉奈です。

だんだんと寒い季節になってきましたね。

 

冷たいものが歯にしみたり、冷たい風を吸い込むとなんだか歯がジーンとするように感じたことはないですが?

虫歯かな??でも、しみる時としみない時があってなんだか波がある、、、そう感じたことがある人は少なくないはずです。

 

それは虫歯や歯ぐきの炎症ではなく、【知覚過敏】かもしれません。

みなさんCMなどでもよく知覚過敏、何となく知っているかもしれません。

ではなぜ知覚過敏が起こるのでしょうか??その原因を知る人はあまりいません。

 

考えられる原因はいくつかありますが、私が患者さんと関わる中で特に多いのは

噛み合わせの力がとても強い人、歯並びが悪い人(歯が重なっている人)は特に知覚過敏を起こしやすいです。

 

噛み合わせが強く歯に負担がかかると、歯ぐきが下がり冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たると痛みを感じることがあります。

歯が重なっていると負担がかかるところがさらに偏り、知覚過敏になりやすいです。

 

歯が重なっている場合は、歯列矯正をするのが良いです。

 

 

歯がかさなっていない人、すぐに歯列矯正を行うのが難しい時はナイトガード(噛み合わせの力をコントロールするマウスピース)を作るのが良いかと思います。

しみるのを抑える効果のある歯磨剤を使うのもおすすめです。

お悩みの方はいつでも歯科衛生士に相談してくださいね。

カテゴリ:

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

診療時間

9:00-13:00
14:00-18:00

月~土

9:00-13:00 14:00-18:00

休診日

日・祝祭日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

  • 院長ブログ
  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • スタッフブログ
  • ネット予約
  • 初めての方へ

Facebook


TOP