八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

スタッフブログ

2016/04/02
妊娠中のケア

みなさんこんにちは。
青森県八戸市 根城よしだ歯科 歯科衛生士の高柳です。

今日は妊娠中のお母さんお口の中の状態や、歯磨きの仕方についてお話しします。

【妊娠初期】
妊娠初期は女性ホルモンが増えて、お口の中が大きく変化します。
口の中を正常に保つ唾液が少なくなり、トラブルが起こりやすいです。

◯注意が必要なトラブル◯
・妊娠性歯肉炎(歯ぐきから血が出たり、腫れたりします)
・口臭が発生しやすい
・虫歯になりやすい
・口内炎になりやすい

また妊娠初期はつわりがひどく、歯ブラシを口にするのも大変な時期です。

◯歯磨きのアドバイス◯
・体調の良い時にリラックスして行う
・歯ブラシの頭が小さいものを選び、小さく動かす
・下を向いて前かがみで磨く
・歯磨き粉の味が優しいものを選ぶ(香味や味が強いものは避けましょう)

歯磨きが難しい時はデンタルリンスや水でうがいをしましょう。

【妊娠中期】
安定期は一度に“食べられる量”が減ってしまうため、
間食など“食べる回数”が増えやすい時期です。
唾液の量が減っているので、食べ物を洗い流す力(自浄作用)が弱いです。
そのため、食後の歯磨きが重要です。
歯ブラシを優しい力で当てて小刻みに動かすのがポイントです。
歯の間は歯ブラシでは磨けないので、デンタルフロスや歯間ブラシを使います。

また安定期は体調が安定しているので、歯の治療はこの時期が望ましいです。

【妊娠後期】
子供が生まれた後の準備や家事で忙しくなり、
つい歯磨きをおろそかにしてしまいがちな時期です。
お母さんお口が不健康だと、子供にも虫歯菌をうつしてしまうリスクがあるため、
正しいケアの仕方を心がけましょう。

虫歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんには存在しません。
ですが、おうちの人が使った食器を赤ちゃんにも使ったり
噛み砕いたご飯をあげたりするだけで菌はうつってしいます!

赤ちゃんとスキンシップを取ることが多いお父さんやお母さんは
赤ちゃんのためにも日々の歯磨きを気をつけなければなりません。

自分にあった正しい歯磨きの仕方を身につけていきましょう!
分からないことがある方はお気軽に担当の歯科衛生士にお声がけください。

カテゴリ:

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517
  • ネット予約確認
  • 初めての方へ 初診料金

    当院はむし歯・歯周病予防型歯科医院のため治療後の定期メインテナンスにご賛同いただける方のみご連絡、ご相談ください。
    ※歯周病完治後のメンテナンスは自費診療となります。
  • バーチャル体験
  • 痛いのが苦手な方へ
  • 経営者向けインタビュー
  • 院長紹介

診療時間

9:00-13:00
14:00-18:00

月~土

9:00-13:00 14:00-18:00

休診日

日・祝祭日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

  • 院長ブログ
  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • スタッフブログ


TOP