八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

歯の豆知識

2017/07/31
インプラントと歯周病の関係について

みなさんこんにちは!青森県八戸市根城よしだ歯科の副院長 淵澤 一徳です!

 

 

今日は、インプラントと歯周病の関係性についてお話します。

 

 

ちなみに、インプラントも歯周病になります。

 

 

天然の歯と同じように汚れをしっかりとって、定期的にメンテナンスをすることは必須です。

 

 

それから骨が溶けやすい、病気 骨粗鬆症もインプラントと歯周病にはリスクにはなりますが、

 

 

一番大事なのは、汚れを落とすことと継続してメンテナンスすることです。

 

 

それからタバコですね。

 

タバコは吸っている状態でインプラントをすることは、

 

インプラントを失敗させることと同じと言っても過言ではないでしょう。

 

しっかり正しい知識をつけて、ご自分でもインプラントを守り、

 

快適な毎日を過ごしていただきたいと思います。

 

 

インプラントは歯周病になると一気に進行し、結局インプラントを取らなければいけなくなります。

 

 

インプラント治療の勉強も、当院はかなり力を入れています。

 

 

CTによる正確な診断も必ず行なっているので、安心して治療を受けていただける点も

 

 

当院のポイントかと思います。

 

必ず長持ちさせるために、一緒に守っていきましょう!!

カテゴリ:

2017/07/28
子供のむし歯予防

 みなさん、こんにちは!!
 青森県八戸市根城よしだ歯科 歯科医師の酒井くみ子です。
当院では主に小児歯科を担当させていただいております。
 
今回のテーマは、
「お子さんの虫歯予防で大切なこと」について
お話しします。
 
生涯虫歯にならないようなお口にするためには歯が生える前の0歳児からの予防がとても大切です。
 
おこさんの虫歯予防で大切な順番は、以下の通りです。
1、唾液からの感染を防ぐ(3歳まで)
2、食育(砂糖のコントロール)
3、歯磨き
4、フッ素
 
歯磨きや、フッ素よりも、虫歯を予防するうえで大事ことがあります。
虫歯にさせないために一番大切なのはまず虫歯の菌に感染させないことです。3歳までは周りの大人の虫歯菌が感染しないように、食器を別にするなど気をつける必要があります。
次に大事なのは、甘いものコントロールです。
3歳で生涯の味覚が決まるとも言われています。
3歳までは極力甘いものはあげないようにしましょう。
 
毎日の歯磨きや、歯科医院でのフッ素ももちろん虫歯を予防するうえで大切ですが、虫歯菌に感染させないこと、虫歯菌の餌となる甘いものを控えることが虫歯予防の近道です!
 
またお子さんによって虫歯のリスクや虫歯になってしまう原因は違います。当院では、虫歯の原因菌や虫歯から守る唾液力を調べる検査をすることによって、より効果的に予防ができるようにしています。興味がある方はお電話お待ちしております!
 
カテゴリ:

2017/07/27
歯周病

みなさんこんにちは☆

 

 

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

 

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

 

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

 

 

今回は「歯周病」についてお話しします。

 

口腔内では

さまざまな原因によって

歯を失ってしまいます。

 

その大きな要因の一つとして代表とされる疾患が

【歯周病】

 

歯周病とは

細菌の感染によって引き起こされる疾患です。

症状としては

炎症性の疾患のため

歯肉の出血

主張

発赤

熱感

などを覚えます。

また、

歯周病は一見歯肉の病気と思われがちですが、

実際は

歯槽骨を失ってしまう恐ろしい疾患です。

 

しかし、

上記でも示している通り、

歯周病は

感染症です。

 

つまり、

細菌をコントロールすることで、

改善されるということです。

 

歯周病は進行してしまえば

取り返しのつかないことになってしまう可能性が高い疾患です。

 

そうなる前に、

必ず衛生士による検査、

リスク把握をし、

管理していきましょう!

 

はやいに越したことはないとは、

このことを言います。

 

是非お気軽にご相談ください!

 

おまちしております☆

カテゴリ:

2017/07/24
歯周病と全身疾患の関連について④

みなさんこんにちは!青森県八戸市根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

 

今回は「歯周病と認知症」についてお話します。

 

・歯周病と認知症

アルツハイマー型認知症は、脳に萎縮が見られるのが特徴です。

今では咬むことで脳が活性化されることも分かっています。

咬むことで刺激が歯から脳へ伝わり、アセチルコリンという

学習能力に関わる物質が増加するのです。この物質が減ると

アルツハイマー型認知症を引き起こす原因になると

考えられています。

 ネズミの実験で、歯があるなしによって記憶力や行動力に差があったり、

人間では、歯があってしっかり毎日食事を何不自由なく噛んで食べている人の方が、

脳の血流が明らかに上がっていたりと、歯があってもしっかり咬めないと脳は活性化しないということが、

最近の研究で明らかになっています。

 歯周病を予防して健康な歯を多く残したり、歯を失ったとして        

もしっかり咬めるように歯を補ったりすることが、アルツハイ      

マー型認知症を防ぐことにも影響しているのです。

これからは歯が多く残る時代になってきます。だからこそ、こ

れからはしっかり歯周病を治し、予防して、いかに健康な歯で

なんでも食べられて、人生を楽しめるかどうかが、大切になっ

てくると思います。ぜひ一度ご相談ください。皆さんのお口の健康のために、全力でサポートしていきます。

カテゴリ:

2017/07/20
歯の動揺

みなさんこんにちは☆

 

 

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

 

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

 

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

 

 

今回は「歯の動揺」についてお話しします。

 

歯は、

さまざまな鯨飲によって失います。

・歯周病

・虫歯

・外傷

・口腔ガン

・矯正治療などの便宜的抜歯

 

これらによって歯を失いますが、

そのほとんどが

歯周病と虫歯と言われております。

 

今回は歯周病についてお話しします。

 

歯周病はみなさんどんな病気だとお考えでしょうか?

 

歯肉お病気だと考えてませんか?

 

実は、

歯周病は

骨の病気なのです!

 

歯ぐきに炎症が起こると、

 

骨が反応し、

炎症から逃げようとします。

その結果、

骨吸収を起こし、

歯がグラグラしてきます。

気付いた時には、

歯が抜けてしまった

というこおtがありあます。

 

つまり、

歯周病は骨がなくなる病気と言えます。

 

ここを理解していただきたいです。

 

歯が動揺し始めたら手遅れの場合が多いです。

ぜひ、事前対応していただきたいです☆

 

いつでもご相談ください!

カテゴリ:

2017/07/10
歯周病と全身疾患の関連について③

皆さんこんにちは!副院長の渕澤 一徳です。

 

今回のテーマは、歯周病と全身疾患の関連について第3弾です!

 

今回は「歯周病と骨粗鬆症」

 

  • 歯周病と骨粗鬆症

 骨粗鬆症は、全身の骨強度が低下し、骨がもろくなって骨折しやすくなる病気で、日本では推定約1.000万人以上いると言われています。そして、その約90%が女性です。

骨粗鬆症の中でも閉経後骨粗鬆症は、閉経による卵巣機能の低下により、骨代謝にかかわるホルモンのエストロゲン分泌の低下により発症します。

 エストロゲンの分泌が少なくなると、全身の骨がもろくなるとともに、            

歯を支える歯槽骨ももろくなります。また、歯周ポケット内では炎症を            

引き起こす物質が作られ、歯周炎の進行が加速されると考えられています。          

多くの研究で、骨粗鬆症と歯の喪失とは関連性があると報告されています。

したがって、閉経後の女性は、たとえ歯周炎がなくても、エストロゲンの           

減少により、歯周病にかかりやすく、広がりやすい状態にあると言えます。    

また、骨粗鬆症の薬としてよく用いられるビスフォスフォネート製剤            

(BP系薬剤)というのがあり、これを服用や注射している方が抜歯などをした場合、

周囲の骨が壊死するなどのトラブルが報告されています。歯周病でぐらぐらしているから自分で抜く、

などということは絶対に行わないようにしてください。

 

  •  
カテゴリ:

2017/07/07
自分の歯を守るためには

 みなさん、こんにちは!!
 青森県八戸市根城よしだ歯科 歯科医師の酒井くみ子です。
今回のテーマは、

 

一生自分の歯で生涯過ごすためにはです。

 

では、歯を失う原因としてはどのようなものがあると思いますか?

それは大きく分けて3つあります。

一つは虫歯、二つ目は歯周病、そして咬む力です。

 

虫歯や歯周病は菌による感染症なので、菌に対するアプローチで

予防することが可能です。

 

しかし、咬む力というのはコントロールするのは

イメージがつきにくいと思います。

 

噛む力の負担が大きくなる原因の一つは、歯並びです。

歯並びが悪いと、特定の歯に負担がかかりやすくなります。

 

歯並びを良くするには矯正治療が必要になりますが、

矯正をしなくても咬む力から歯を守る方法があります。

 

それはナイトガード(マウスピース)を使うことです。

ナイトガード(マウスピース)を使うと、

顎全体で均等に受けるために特定の歯が強い影響を受けにくくなくなります。

ナイトガード(マウスピース)は歯科医院でもつくることができるので歯科医院で相談してみてください!!!

 

 

カテゴリ:

2017/07/05
リスク把握とリスク管理

みなさんこんにちは☆

 

 

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

 

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

 

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

 

 

今回は「リスク把握とリスク管理」についてお話しします。

 

口腔内の健康を保つには

リスクの把握と管理の徹底が必須です。

口腔内の健康とは、

ご自身のはで一生涯満足した食事ができ、

最近のコントロールができている状態です。

歯を失ってしまう原因は

9割が虫歯と歯周病と言われております。

口腔内の疾患のほとんどが虫歯と歯周病といっても過言ではないのです。

逆に、この2つの疾患から、歯を徹底的に守ることができれば、

歯を失うリスクは圧倒的に低下するのです。

では、

リスクの把握とは一体どう言うことか、

虫歯になる原因は3つあります。

1、虫歯菌の数

2、唾液の緩衝能

3、食生活

 

この3つの状態を把握することをリスク管理と言います。

人それぞれ、

リスクは違います。

個々のリスクを知り、

オリジナルのメンテナンスし、

確実に口腔内を守りましょう。

 

そして、

知ったリスクを元に、正しく管理していきましょう。

正しいリスク管理とは、

プロフェッショナルケアと、セルフケアの充実

を指します。

つまりは、

歯科衛生士による、ブラッシングでは除去できないプラークやバイオフィルムなどの除去(プロフェッショナルケア)と、ご自身の正しいブラッシング(セルフケア)

を共に継続すると言うことです。

 

皆さんも正しい知識を身につけ、

ぜひ、

健康を維持していただきたいです。

カテゴリ:

2017/07/03
歯周病と骨粗鬆症について

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

 

 

今日は歯周病と全身疾患についてのお話ですが、今回は、「骨粗鬆症」との関連性についてお話します。

 

 

骨粗鬆症とは、どのような病気かご存知でしょうか?

 

 

主に更年期の女性が発症しやすい病気で、骨の密度がスカスカになり、骨が折れやすくなったり、

 

 

骨の治りが悪くなったりという病状を呈します。

 

 

歯周病は骨が溶ける病気です。

 

 

つまり、骨が溶けやすい状態で歯周病になると、どんどん骨が溶けていってしまうという

 

 

恐ろしいことが起こるのです!

 

 

さらには、歯周病で歯を失うと、上顎下顎が噛むことで刺激を受けて、健康を保っていたものが

 

 

なくなり、カルシウムの代謝も悪くなり、さらに骨粗鬆症を招きやすくなるという相互関係があります。

 

 

 

さらに、骨粗鬆症の方が服用していたり、注射しているお薬の多くが、

 

 

歯科治療の妨げになるということもわかっています。

 

 

それは、抜歯治療を行うことで、骨が腐ってしまい、骨髄炎という恐ろしい病気を発症してしまう

 

 

危険性もあるのです!!

 

 

なので、骨粗鬆症の方の抜歯治療は、基本的には当院で行うことが困難になり、

 

 

大きい病院の口腔外科に紹介させていただき、治療していただくことになります。

 

 

 

このように歯周病と骨粗鬆症の関連もかなり問題になっている昨今ですが、

 

 

要はいつも私もお話させていただいておりますが、

 

 

しっかり歯周病の治療、予防をすることです!

 

 

そしてメインテナンスによって、みなさんのお口の健康を維持していくことが、

 

 

これからの時代、本当に必須のことになっています!!!

 

 

ご心配な方はいつでもご相談ください!!

 

 

私たちが必ずみなさんの力になります。

 

 

よろしくお願いいたします!

カテゴリ:

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517
  • ネット予約確認
  • 初めての方へ 初回の患者様へ精密検査を行っております。 初診料は大人が保険診療約5,000円+自費検査費10,000円の合計約15,000円、高校生未満の患者様は保険診療約3000円(※医療券あれば0円となります。)+自費検査費約9000円(レントゲン+唾液検査)の合計12,000円のご費用負担となります。 予めご了承ください。

    また当院は虫歯・歯周病予防型歯科医院のため治療後の定期メインテナンスにご賛同いただける方のみご連絡、ご相談ください。
    ※メインテナンスは自費診療となります。
  • バーチャル体験
  • 痛いのが苦手な方へ
  • 院長紹介

診療時間

9:00-13:00
14:00-18:00

月~土

9:00-13:00 14:00-18:00

休診日

日・祝祭日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

  • 院長ブログ
  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • スタッフブログ


TOP