八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

  • 予約
  • 予約
ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

歯の豆知識

2017/01/30
口腔ガンについて

みなさんこんにちは!青森県八戸市根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

今回は、口腔ガンについて、お話します。

口腔ガンは、特に舌にできやすいです。

舌の横側にできます。

義歯のバネが擦れてできたり、虫歯の歯が放置され、尖っていてそれに舌が擦れてできたり、

機械的な刺激によってできやすいです。

特に奥歯にそのような状態がある方は要注意です。

それから、見た目については、ほとんどが白いです。

そして触ってみると、あからさまに硬い状態です。

他の粘膜のところと比較すると歴然です。

白くて、触るとゴツゴツしてて硬くて、というようなできものができている場合は、

一度診せてください。

症状は触ると痛かったり、熱いものや辛いものがしみるような感じがあることがありますが、

基本的に初期の場合は、無症状に進みます。

なので、痛みを感じるレベルはある程度進行している状態です。

稀に歯茎や頬の粘膜にもできることもありますが、頻度としては

かなり低いので、舌にできやすい事だけ覚えていてほしいです。

ガンは化学療法、放射線療法、切除療法とありますが、

ほとんどが全て併用した治療になります。

もちろん入院が必要です。

小さいものの場合は、手術不要のものもあります。

大切なことは、何でもそうですが、早期発見、早期治療です。

だからこそ!虫歯を放置したり、奥歯の義歯をずっと調整もせず使っていたりしないでください。

必ず、メンテナンスをみなさんが意識して続けてほしいです。

ご自分の健康はご自分で手に入れる、キープする習慣をぜひ、確立していただければ幸いです。

カテゴリ:

2017/01/27
エナメル質形成不全

みなさん こんにちは!!青森県 八戸市根城よしだ歯科 歯科医師の 酒井くみこです。

生えたばかりの歯が変色していたり、不自然なくぼみがある場合、その歯はエナメル質形成不全という歯の異常の可能性があります。このエナメル質形成不全は決して珍しいものではなく、歯科の現場でもよく目にします。エナメル質形成不全の歯は正常な歯に比べてデリケートで虫歯になりやすい弱点がありますが、エナメル質形成不全の特徴とケアの方法を知っておくことで歯を悪くしないようにすることも十分可能です。

エナメル質形成不全の歯は、エナメル質のバリアが不十分であるため、酸に溶けやすくなっています。そこで歯を強化するために定期的に歯科医院でフッ素塗布を受けたり、歯の状態を観察してもらうことが強く勧められます。

 歯が軟らかくなっていたり、穴が空いていたり、知覚過敏のあるケースでは、場合により歯科用レジンというプラスチックの材料でカバーすることがあります。全体的に色が変わっていたり歯の大きさが小さくて審美的な面で気になる場合には、セラミックの被せ物をして見た目の改善をすることが可能です。また、遺伝性の場合で全体的に形成不全が起こる場合には、歯がすり減りやすく、噛み合わせの低下や崩壊が起こるのを防ぐためにも、被せ物をすることもあります。

虫歯と見分けがつきにくいので、心配な方は一度歯医者でもてもらいましょう!!

カテゴリ:

2017/01/25
ラバーダム

みなさんこんにちは☆

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

今回は「ラバーダム」についてお話しします。

歯が虫歯に罹患し進行すると
歯質の崩壊が始まり
さらには
歯の内部にある
神経の歯髄に虫歯菌が感染し
歯髄炎を起こすことがあります。

その後は
症状の軽減と
機能回復をはかるために
神経の治療が必要になってきます。

神経の治療の際
もっとも大切なことは
[どれだけ無菌的環境で処置ができるているか]
です。

口腔内は
たくさんの常在菌であふれています。
もちろん唾液の中にも含まれています。
つまり
根の治療の上で強敵となるのが
唾液。
この細菌にまみれた唾液から根管を守るために必要な道具は
[ラバーダム]
と言います。

このラバーダムは
根管の明示をし、処置がしやすくなると同時に
唾液から根管を守る作用があります。

ぜひ
ラバーダム防湿を確実に行い
根管治療をすることをお勧めいたします。

カテゴリ:

2017/01/23
歯周病と全身疾患の関連③

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

今日は、歯周病と全身疾患の関連の続きです。

日本の死因の上位にある、肺炎。

その原因菌と取り上げられているのが、歯周病菌です。

歯周病と誤嚥性肺炎の関連についてお話します。
 

誤嚥性肺炎とは、食べ物や異物を誤って気管や肺に

飲み込んでしまうことで発症する肺炎です。

肺や気管は、咳をすることで異物が入らないように

守ることができます。しかし、高齢になるとこれらの機能が

衰えるため、食べ物などと一緒にお口の中の細菌を飲み込み、

その際むせたりすると細菌が気管から肺の中へ入ることが

あります。その結果、免疫力の衰えた高齢者では誤嚥性肺炎を

発症してしまいます。特に、脳血管障害の見られる高齢者に

多くみられます。

誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは、歯周病菌であると言われており、

誤嚥性肺炎の予防には歯周病のコントロールが必須です!

そのために私たちの医院では、訪問診療を行い、常に高齢者の方々も定期的なメンテナンス、

予防を受けていただける体制を整えています!

歯周病を確実に治療、予防をし、さらには、食生活も見直すことができる環境が、

よしだ歯科にはあります!

みなさんの健康を多方面から全力でサポートしていきます。

一緒に全身疾患を引き起こさない、快適で幸せな生活習慣をつくっていきましょう!

カテゴリ:

2017/01/20
子供の歯並び(受け口について)

みなさん、こんにちは!

青森県八戸市根城よしだ歯科 歯科医師 酒井くみ子です。

3歳児検診で反対咬合(受け口)と指摘されて相談される方も増えています。

受け口は放っておいて自然に改善されることはほとんどありません。上の歯より下の歯が5~6本出ている、逆になっている噛み合わせが深い、両親や親せきなど近い血縁関係の人に受け口の人がいるなどの場合は自然に治る確率の低い症例です。

大人になってからの受け口治療は外科手術が必要な場合もありますので、低年齢からの早期治療をおすすめしています。

発音に影響が出ることも
受け口が原因でサ行やタ行などうまく発音しづらかったり、舌足らずな話し方になったり、食べ物を前歯で噛みにくいなど、さまざまな影響が出ることがあります。また受け口である見た目がコンプレックスになり心理的な影響を与える可能性もあります。

反対咬合のままだと下あごが成長しやすくなってしまう
反対咬合のまま放っておくと下あごが成長しすぎてしまう可能性が高くなりますので、いつでもご相談ください!!

受け口の治療は、取り外しの装置を使って、低年齢からでも始められる治療もあります。

カテゴリ:

2017/01/18
セラミック治療

みなさんこんにちは☆

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

今回は「セラミック治療」についてお話しします。

歯科医療は日々進化し続けております。
技術もそうですが
何より進化したものは
マテリアルではないでしょうか。

今まで主流だった
金属に変わり
現代の歯科医療において欠かせないのが
セラミック。

当院でも積極的に
セラミック治療を取り入れております。

主に3種類のセラミックを使用しております。

1、ジルコニア
2、e-max
3、セレック

ジルコニアはセラミックの中で最も強度が高く、
e-maxはオールセラミッククラウンで色調が優れており、
セレックはcad/camシステムを利用し
作成するセラミッククラウンです。

それぞれの患者様の
ご希望と
実際の口腔内の状況によって
より良いマテリアルを選択してもらい
機能的にも審美的にも優れた口腔内を目指します。

今現在口腔内できになる点がある方は
ぜひ一度相談してみてください。

カテゴリ:

2017/01/17
歯周病と全身疾患の関連②

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

今回のテーマは、前回に引き続き歯周病と全身疾患の関連について第2弾です!

今回は「糖尿病と心臓疾患・脳血管疾患」

についてお話しします。

 
歯周病が全身に多くの影響を与えることは昨今の研究で明らかになってきています。

毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、

歯周病を予防する事が全身の生活習慣病を

予防することにつながります。

私たちは、お口の中の変化をみる事のできるプロです。

そのためにも定期的なメンテナンス続け、

全身の健康を保つ、サポートをさせてください!

歯周病と心臓疾患・脳血管疾患
 

狭心症や心筋梗塞は、動脈硬化により心筋に

血液を送る血管が狭くなったり、ふさがってしまい心筋に血液供給がなくなり死に至ることもある病気です。
 

歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラーク(粥状の脂肪性沈着物)が出来、血液の通り道

は細くなります。プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まります。

脳血管疾患も同じ原理です。歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になり易いと言われています。血圧、コレステロール、

中性脂肪が高めの方は、動脈疾患予防のためにも歯周病の予防や治療は、より重要です!

お口の健康から全身疾患を引き起こすことは明らかです!

しっかりケアし、全身疾患を引き起こすリスクを減らしましょう!!

カテゴリ:

2017/01/14
高齢者歯科医療

みなさんこんにちは☆

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

今回は「高齢者歯科医療」についてお話しします。

高齢化社会が進行する現代で
歯科において必要とされている医療は
高齢者に対するケアです。

平均寿命は
年々伸びておりますが、
健康寿命(自分自身で生活できる寿命)は伸び悩んでいるのが事実です。

そのため、
寝たきりの時間も長くなっているのです。

私たちは
歯科医療を通じて
全身の健康を促し
健康寿命の延長を目指しております。

そのために必要なのは
口腔ケア

なぜなら

心筋梗塞
脳梗塞
肺炎
糖尿病
など

上記の全身疾患は、口腔内の健康が原因で
疾患となる場合があるからです。

つまり
口腔ケアを身体が健康な時期に
徹底することで
上記の全身疾患は未然に防ぐこともできる
ということです。

当院では
歯科衛生士が
個人個人担当し、
口腔内の管理を徹底します。

その上で
口腔内の最近のコントロールをし
歯周病や牛ばのリスクを軽減するとともに
全身疾患のリスクも軽減することを目指しております。

口腔から全身の健康へ

みなさんの健康を維持できるよう
勤めて行きます。

カテゴリ:

2017/01/13
歯をぶつけたとき

みなさんこんにちは!!

青森県八戸市根城よしだ歯科歯科医師の 酒井くみ子です。  

歯の外傷は、乳歯は1~3歳頃、永久歯は7~9歳頃に多く起こると言われています。乳歯の場合は自分で歩けるようになる頃で、日常生活で転倒して前歯をぶつけた場合に多く起こります。永久歯の場合はスポーツや事故、ケンカなどが歯の外傷の大きな原因となっています。とくに前歯がでているいわゆる出っ歯の歯並びの子は外傷になる確率が多いと言われています。いずれにしても、歯の外傷は前歯に起こることが多く、見た目にも直結する部分であることから、心理的なダメージも大きいものです。しかし、歯の外傷は早めの適切な対処によって良い治療結果が得られることが多いため、その必要性を知っておくのがベストです!!

歯にダメージを受けた場合には、見た目に何もないように見えても、異変が起こっていることがあります。

決して見た目で自己判断をせず、早めに一度歯科を受診することをおすすめします。また、ぶつけた衝撃の程度がひどいほど、歯には大きなダメージが加わっています。そのためそのような場合はより早急な対処が肝心となります。外傷がひどい場合は早めに診てもらえますので、すぐに歯科に連絡をするようにしましょう。また、外傷の場合は治療を受けた後にしばらくしてから異変が起こることもありますので、その後の定期的な検診は決して怠らないようにしましょう。

カテゴリ:

2017/01/07
子どものときからはじめる矯正

みなさんこんにちは!!
青森県 八戸市 根城よしだ歯科 歯科医師の酒井くみ子です。

今回は、子どもの矯正についてお話していこうと思います。
 まずなんで歯並びが悪くなるのか、というところから説明していきます。
簡単にいうと、顎が十分に成長できていないので、大人の歯が並ばなくなってしまいます。顎と歯の不調和が悪い歯並びにつながります。
 いま食生活の変化(欧米化・加工食品など手軽に食べられるものが増えている)から、子ども達の顎の成長発育が脅かされています。
それにより・・・
顎が小さいということは、
上顎の上にあたる、鼻の
まわりの骨格の成長発育も
不十分です。それにより、
鼻で呼吸が難しくなり、
お口で呼吸する癖がついて
しまいます。
顎が小さく、口呼吸のお子さんはそれにより、歯が並ばなくなり、さらに常に口が開いている状態だと、前歯が前にでてきて悪い歯並びにつながります。口呼吸だと、気道を確保するのに姿勢も悪くなります。鼻で呼吸できないと、脳への酸素の供給が足りないので、睡眠障害を引き起こします。子供の睡眠障害は集中力の低下や、情緒が安定せず、キレやすい子供になってしまいます。このように食生活の変化による顎の成長不足で、口腔内だけでなく、全身の健康発育に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

 歯並びを綺麗にするだけなら、大人になってからでも可能です。ただ顎の成長発育を促すのは、成長段階の途中にある時期でないとできません。10歳で、上顎の成長は95%完成します。
子どもの矯正に興味がある方は、ぜひお声掛けください!!はじめるタイミングなどの相談でしたら、いつでも受け付けています(^^)お子さんの健康な未来を
一緒につくっていきましょう。

カテゴリ:
1 / 212

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

診療時間

9:00-13:00
14:00-18:00

月~土

9:00-13:00 14:00-18:00

休診日

日・祝祭日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

  • 院長ブログ
  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • スタッフブログ
  • ネット予約
  • 初めての方へ

Facebook


TOP