八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

歯の豆知識

2016/11/30
予防とは

みなさんこんにちは☆

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

今回は「予防とは」についてお話しします。

当院では、
口腔内の予防に力を入れております。
予防とは、
悪い事態を生じないように気をつけ、前もって防ぐこと
事前の備え
と言われておりますが、
口腔内の予防とは
一体何が求められているのでしょうか?

結論を述べますと、
[衛生士や自分が清掃しやすい口腔内にすること]
が、
もっとも効果的な予防につながります。

口腔内の主な疾患は
・虫歯
・歯周病
です。
この二つに共通して見られるのが、
細菌感染症である
ということです。

つまり、
この
虫歯菌
歯周病菌を除去し、
口腔内環境を整えることが
予防のゴールとも言えます。

では、どのように
細菌をコントロールしていくのか。

それは、
・セルプケア
・プロフェッショナルケア

の2つの徹底です。

セルフケアはご自身で行うブラッシングやフロスの使用をいい、
プロフェッショナルケアは衛生士によるクリーニングのことを指します。

これらがより効果的に発揮される環境が、
衛生士や自分が清掃しやすい口腔内
なのです。

つまり、
より効果的によぼを進めるのであれば、
矯正治療や、
合っていない被せ物の改善、
プラークの付きにくいセラミック治療などが
必要なのです。

様々わからないこともあると思います。
ぜひお声掛け下さい!

カテゴリ:

2016/11/27
矯正治療は最大の予防

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

みなさんは矯正治療というものをご存知ですか?

そうです、歯に装置をつけて歯を動かして歯並びを改善する治療です。

この治療は何かばい菌を取り除いたり、病気を治すというものとは違います。

多くの方は、「見た目が気になる」ということで、矯正治療を選択いたします。

ですので、もちろん保険は適用しません。

患者さんは、しっかりと考え、決断されて矯正治療をするのです。

私は、矯正治療は本当に素晴らしい治療だと思います。

自分の子供の歯並びが気になったら、必ず矯正治療はさせます。

なぜなら、将来快適なお口の環境を維持できるからです。

全ては、どれだけ歯を長持ちさせるか、につきます。

本質は、「予防」なのです。

歯並びが重なったり、倒れたりしているために、虫歯や歯周病、噛み合わせのバランスがずれているための顎関節症、など、

私はたくさん見てきたから、子供にはせめて、磨きやすい歯並び、噛み合わせのバランスが良い歯並び、を

提供してあげたいと心から思います。

アメリカでは、小さいころから多くの人が矯正治療をします。

バネのついている見た目など、全く気にしません。

一度にかかる費用も気にしません。

なぜなら、その数年の治療で、一生苦労しない人生が待っていることを、

文化として当然知っているからです。

日本は、その一ときでさえも、バネの見た目が気になる、費用が…

長〜い目で見て欲しいです。

ましてやご自分のお子さんの人生は、ご両親の決断によって、一生を左右されることでしょう。

私は、歯にバネをつけているお子さんを見ると、

「素晴らしいな〜。ご両親のおかげだね〜。感謝するんだよ〜。これで一生歯並びで苦労することがないなんて

本当に幸せなことなんだよ〜。あと数年、頑張って!!」

と心から嬉しく思います。

ぜひ、ご自分のお口のことをまた、深く考えて見て欲しいです。

そして、是非とも、私たちに相談していただきたいです!

全力で、みなさんのお口のことを、真剣に考えている歯医者が根城よしだ歯科です。

力になります。

一生美味しいものを自分の歯で噛んで、笑って、健康に、人生を楽しんでいただきたいと、私は思います。

よろしくお願いいたします。

カテゴリ:

2016/11/23
フロスの使用

みなさんこんにちは☆

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

今回は「フロスの使用」についてお話しします。

皆さんは毎日歯ブラシを駆使して
口腔内の健康を維持しようと
頑張っていると思います。
もちろん
歯ブラシは重要です。
しかし、
歯ブラシとは、
なんのために行い、
それはどのくらい効果的なのでしょうか。

日常生活において、
古くから当たり前とされてきたことは、
なんの目的かを改めて考えることを和すさせてしまう傾向があると私は考えます。
少し、歯ブラシに関して紐解いてみましょう。

歯ブラシを使用する目的の一番は
【虫歯予防】
ではないでしょうか?
だとすれば、
この歯ブラシは果たして効果的なのか?

虫歯になる原因は3つ
1虫歯菌
2食生活
3唾液の力
この3つのバランスによって
虫歯になります。

歯ブラシは
1の虫歯菌
を機械的に除去する効果を求められます。
では、虫歯菌は口腔内のどこに生息しているのでしょうか?
どれは
(酸素の薄い場所)
つまり、
歯と歯の間や歯周ポケットの中
に潜んでいます。

果たして、
歯ブラシで除去できるのでしょうか?
答えは
できるが、難しい
が本音です。
では歯ブラシ以外で効果的に除去する方法は、
それはまさにデンタルフロスです。
歯間部に糸を通して虫歯菌を機械的に除去することが必須です。

つまり、
本来は
歯ブラシで口腔内の食物残渣や歯周ポケット内の虫歯菌の除去をし、
フロスで歯間部の虫歯菌の除去が必要なのです。

効果的に予防をすることをお勧めします。

カテゴリ:

2016/11/21
歯茎が下がって気になる方へ

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長、渕澤 一徳です。

今日は歯茎が下がってしまって、

⑴見た目が気になる

⑵しみる

こんな悩みをお持ちの方に、とっておきの情報をお伝え致します!

結論、下がった歯茎が上がります!治せます!

今からその適応症や治療についてお話します。

まず、歯茎が下がっている原因を調べます。

大切なことは、「歯周病によって歯茎が下がってしまった場合は、難しい」ということです。

歯周病は病気です。病気による歯茎の喪失は復活させることがかなり厳しいです。

稀に可能な場合もあるので、ご相談ください。

それ以外の歯茎の下がりはほとんど適応となります。

咬み合わせが強くで歯茎が下がってしまったり、歯ブラシの圧が強すぎて歯茎が下がってしまった、

もともと歯茎が下がっていて歯が長く見えるなどは、多くの場合歯茎をあげることができるでしょう。

しかし、咬み合わせの力が強く当たらないように治療したり、歯ブラシの仕方を変えたりしないと、

歯茎はまた下がってしまうので、注意が必要です。

だから、まず歯茎が下がった原因を見極め、それに対する治療、対応を必ず行った上で、

歯茎を上げる治療をします。

実際の治療は、いわゆる外科治療です。

他の場所、多くはお口の天井の部分、「口蓋」という部分から歯茎を持ってきて

歯茎の下がった部分に移植します。

かなり高度な治療なので、お時間も1本あたり1時間はかかります。

そして、移植した歯茎の治りを待つ、といった流れです。

歯茎の下がり方が大きい場合は、何回か治療が必要になるときもあります。

実際当院のスタッフが歯茎の下がったところを上げる治療をしたところ、

今まで知覚過敏に悩まされていたのが、全く気にならなくなりました!

歯茎が下がって悩んでいる方は、まず、診せてください。

全力でサポートいたしますので、いつでもご相談くださいね!

カテゴリ:

2016/11/18
子供の歯の役割

根城よしだ歯科

歯科医師の酒井くみ子です。

小児歯科を担当していますので、

小児歯科の豆知識をお伝えしていきたいと思います

今日のテーマは『子供の歯の役割について』です。

子供の歯の役割は主に3つあります。

1つ目は、食べ物を噛むことで顎の発育を助ける

2つ目は、発音を助ける

3つ目は、大人の歯が生えるスペースの確保です。

子供の歯はいずれ抜けて永久歯に生え変わります。

前歯は6〜8歳から抜けはじめ、一番長く使う奥歯は10〜12歳で抜けます。

子供の歯はどうせ抜けるから虫歯になってもいいと思われている方もいますが、

虫歯で本来よりはやくに子供の歯を失ってしまうと、

空いたスペースに歯が寄ってしまい、大人歯が生えるスペースが狭くなります。

それにより、将来歯並びが悪くなってしまう可能性が高くなります。

歯並びが悪いと審美的によくないだけでなく、歯磨きが難しくなり、

虫歯のリスクが高くなります。

そして将来、歯が喪失する可能性も高くなってしまいます。

入れ歯やインプラントに頼らず自分の歯でしっかり

噛めるように子供の歯の頃からのメンテナンスが大事になってきます。

 

 大人の歯が生え変わる時期まで子供の歯をしっかり使うために、

痛くなる前に歯医者さんに来て、治療や定期検診をこころがけましょう!

カテゴリ:

2016/11/16
歯肉が下がったら。。。

みなさんこんにちは☆

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

今回は「歯肉が下がったら。。。」についてお話しします。

口腔内には、様々な疾患があります。

虫歯
歯周病
などなど。。。

これらの疾患に罹患した場合、
様々な症状が出ます。

痛み
腫れ
発赤
発熱

様々ありますが、
今回はその中でも
【歯肉退縮】
についてお話しします。

歯肉退縮は
その名の通り、
歯肉が下がることを言いますが、
その原因としては

歯周病が局所的に進行した
誤った歯磨き
咬合
加齢
医原生(歯科治療によって)

が挙げられます。

このように
歯肉が下がってしまうと
そう簡単には処置ができないことが現実ですが、
歯肉を回復させるためには
歯周外科治療を施すことで回復する場合もあります。

この治療は
高度な治療技術を必要とします。
自分の歯肉の状態が適応症例かどうかをしっかりと審査診断する必要があります。
ぜひ、
歯肉退縮に関して不安がある方は
一度相談してみてください。
もしかしたらまだ直すことが可能かもしれません。
ご相談お待ちしております。

カテゴリ:

2016/11/14
歳をとると歯はなくなるものなの?

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤一徳です。

今日は、この間患者さんからご質問があった内容について、大切なことなのでお話したいと思います。

みなさんは、歳をとると、高齢になると、歯はなくなって入れ歯やブリッジの治療をするのは当たり前と、思っていますか?

生理的な現象、もしくは虫歯や歯周病で歯がなくなるのは、普通だと思っている方はいますか?

もしいらっしゃるとしたら、これを機に、新たな情報を手に入れ、さらに歯への意識を高めていただきたいと思います。

結論を言いますと、歯は無くなりません!!!

事故や何らかのアクシデントで、歯をぶつけたりして、意図せず歯を無くされる方はいます。

それは本当に残念なことではありますが、コントロールできることではありませんよね。

今回お話するのは、自分で選んで歯を無くさないように、一生自分の歯で満足して過ごすことはできるということです。

まず大事なことは、ご自分のお口、歯や歯茎の現状を知ること、です。

歯をの残したい!でも自分の歯が何本あるか分からない!

では、残すものも残せません。

自分の歯の本数を知り、どの歯がどう生えているのか、磨きづらいところはどこなのか、毎回汚れがつくところは?

自分の虫歯菌の量はどのくらいなんだろう。虫歯はあるのか?

などなど、まずご自分のお口について、一番詳しくなりましょう。

そこからがスタートです!!

あとは、根城よしだ歯科に来ていただければ、一生歯を残すサポートができます!

私たちを信じてください。

必ずみなさんの力になります!

一緒に、快適で健康なお口を維持し、一生美味しいものを美味しく食べる人生を選択していきましょう!!

カテゴリ:

2016/11/11
乳歯の虫歯ができやすいところ

みなさんこんにちは!

青森県八戸市根城よしだ歯科の歯科医師 酒井くみ子です。

今日のテーマは「乳歯の虫歯になりやすいところ」です。

しっかり仕上げ磨きしていたのに、

子供の歯に虫歯ができてしまった!

すごくショックですよね。

自分が虫歯で苦労した分、

子供の歯は虫歯にしたくないと思っているお母さんも多いと思います。

乳歯は永久歯より柔らかいので

虫歯の進行もはやく気づいたときには大きく虫歯の穴があいてしまっていた、

なんてこともあります。

今回は「乳歯の虫歯ができやすい部位」を紹介していきいと思いますので、

日頃の仕上げ磨きの参考にしていただけたらと思います。

① 奥歯の歯と歯の間

奥歯の歯と歯の間の虫歯は見た目ではわかりにくいので、

発見が遅くなり気づいたときには、大きな虫歯になっていることが多いです。

しかも乳歯は永久歯に比べて歯と歯の接触している面積が多いので、

永久歯より虫歯になりやすいのです。

歯と歯の間のお掃除は糸ようじ(フロス)が必要になります。

慣れていないと歯茎を傷つけてしまうこともあるので、

糸ようじ(フロス)の使い方は必ず衛生士さんに確認してみてくださいね!

② 奥歯の溝

奥歯には噛む面に溝(裂孔)があります。乳歯の奥歯の溝(裂孔)は永久歯に比べて、

溝(裂孔)が深いので汚れがたまりやすく虫歯になりやすいです。

対策としては歯ブラシをきちんと、奥歯まであてることと、

奥歯の溝を埋めて虫歯になりにくくするシーラントをするのも有効です。

③ 歯と歯茎の境目

 

歯と歯茎の境目は歯ブラシが強くあたると、痛くて嫌がるので、

磨き残しが多いところです。ポイントとしては、柔らかい歯ブラシを使う、

毛先が開いたらはやめに新しい歯ブラシを使うことです。

 特に下の奥歯の舌側、

上の奥歯のほっぺた側の歯茎の境目に磨き残しが多いので気をつけてください。

仕上げ磨きもきちんとポイントをおさえてやらないと、

歯磨きしていても虫歯になってしまいます。

とはいっても、歯磨きを嫌がる子も多いので、

忙しいお母さんには難しいときもありますよね。

困ったときはいつでも相談してくださいね!

カテゴリ:

2016/11/09
義歯の作成について

みなさんこんにちは☆

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

今回は「義歯の作り方」についてお話しします。

歯を欠損する原因は様々ありますが、
主に
1、歯周病
2、虫歯
が原因と言われています。
この2つ以外には外傷などありますが、
この虫歯と歯周病の二つをコントロールできれば、ご自身のはで一生噛むことができ、満足した食事をすることができます。
この2つは基本的には【細菌の感染】なので、
細菌からの感染を防ぐことができれば虫歯と歯周病から口腔内を守ることができます。

上記の様々な原因から欠損してしまった場合、
歯を人工的に作成した補綴物で補う必要があります。
・インプラント
・ブリッジ
・義歯
様々ありますが、
今回は
義歯の作り方についてお話しします。
義歯を作る際に必要な行程は
1、外形印象採得
2、精密印象採得
3、咬合採得
4、ロウ義歯試適
5、完成義歯装着
とあります。
1、外形印象採得 
  →口腔内の義歯作成のために必要な情報を可及的に採得し、これによって作成された研究用模型にて個人トレーを作成します。
2、精密印象採得
  →個人トレーを用いて、精密な型取りをします。これによって得た口腔内の情報を作業用模型にし、咬合採得の際に使用する咬合床を作成します。
3、咬合採得
  →咬合床を用いて、噛み合わせを採得していきます。この情報を元に咬合器に作業用模型を装着し、人工歯を配列し、ロウ義歯を作成していきます。
4、ロウ義歯試適
  →ロウ義歯を試適し、機能的、審美的エラーがないかチェックします。問題なければ完成となります。
5、完成義歯装着
  →完成した義歯を口腔内にセットしていきます。
   

カテゴリ:

2016/11/07
フロスと歯間ブラシってどう使い分ければいいの?

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

みなさんは歯と歯の間をしっかりお掃除していますか?

歯と歯の間は一番汚れがたまりやすく、虫歯も歯周病も歯と歯の間からなりやすいです。

毎日ケアすることが必須です。

では何を用いてお掃除しましょう。

結論を言うと、患者さんの使いやすく、続けられやすいものが私はいいと思います。

ですが、我々は専門家として、より効果的で、予防効果の高いもの、方法は知っているので、

患者さんたちに情報を提供する責務があります。

それから、何を使ってもいいですが、間違った使い方、効果的でない使い方をしていれば、

厳しいことを言うようですが、使っていない、やっていないのと同じになってしまいます。

ちなみに、フロスと歯間ブラシの違いってご存知ですか?

フロスは清掃補助道具、歯間ブラシは歯周病の治療道具です。

フロスは歯と歯の間の歯が接しているところをしっかり磨けます。

歯間ブラシは、歯茎を効果的にマッサージします。しかし、歯と歯の接しているところは磨けません。

私は歯がしっかりあって、ちゃんと並んでいる方は、フロスをお勧めします。

私も使っていますが、「フロアフロス」というフロスは本当にお勧めです。

詳しくは当院の衛生士にお尋ねください。

当院の衛生士は定期的な勉強会や研鑽を続けており、必ず患者さんの力になります。

私も2ヶ月に1回メンテナンスしてもらっています。

これからも自信を持って当院でのメンテナンスを含めた、予防に特化した、最新の歯科医療を、みなさんに

提供していきます。

よろしくお願いいたします!

カテゴリ:

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517
  • ネット予約確認
  • 初めての方へ 初回の患者様へ精密検査を行っております。 初診料は大人が保険診療約5,000円+自費検査費10,000円の合計約15,000円、高校生未満の患者様は保険診療約3000円(※医療券あれば0円となります。)+自費検査費約9000円(レントゲン+唾液検査)の合計12,000円のご費用負担となります。 予めご了承ください。

    また当院は虫歯・歯周病予防型歯科医院のため治療後の定期メインテナンスにご賛同いただける方のみご連絡、ご相談ください。
    ※メインテナンスは自費診療となります。
  • バーチャル体験
  • 痛いのが苦手な方へ
  • 院長紹介

診療時間

9:00-13:00
14:00-18:00

月~土

9:00-13:00 14:00-18:00

休診日

日・祝祭日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

  • 院長ブログ
  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • スタッフブログ


TOP