八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

歯の豆知識

2016/04/27
訪問診療

みなさんこんにちは☆

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!
いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

今回は「訪問診療」についてお話しします。

当院では今年度から
「訪問診療」
を始めました。

訪問診療とは、
直接医院へ来院することが困難な患者様のために、
当院のドクターや衛生士が直接自宅や療養施設へ訪問し診療するシステムのことを言います。

現在の日本は、高齢化の進展が留まることがなく、
高齢者の歯科診療受診患者は増加しております。

その中で、在宅診療を求める高齢者の方も増加しており、歯科界においては
訪問診療の強化が必要と捉えております。

そこで私たちも
高齢者の患者さまに対し、
1、口腔ケア
2、歯科医療(義歯調整など)
を中心に
訪問診療をすることで
少しでも地域貢献できないかと考えております。

また、
歯周病と全身疾患の関係も解明されており、
口腔ケアが体の健康を保つための
重要事項でもあります。

今現在来院されている患者様のご親族など、
もしも
訪問診療をご希望される方がいらっしゃいましたら
ぜひご相談ください。

カテゴリ:

2016/04/26
麻酔についての疑問にお答えします

皆さんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

今日は、歯科で使う麻酔についてお話します。

麻酔、と聞くと皆さん、あまりいいイメージがないかもしれませんね。

しかし、当院では麻酔をとにかく痛くないように!ということを一番に考えております。

そのために、知識、技術を高め、

患者さんには「痛くない!」「いつ麻酔したんですか?」

と安心して治療を受けていただいております。

麻酔をする際、針の痛みをできるだけ抑えるために、歯茎、粘膜に

「表面麻酔」という麻酔の塗り薬をしっかり塗布しています。

そして、麻酔の針を優しく歯茎、粘膜に当て、できる限り、患者さんが感じないように、

うまく麻酔をしています!

それでも痛みを感じた際は、遠慮なくDrにお話ください。

それが我々のためにもなります。

ご協力よろしくお願いいたします。

それから、麻酔というものは、体内に残るものではありません。

2時間〜3時間で通常は排泄され、完全に体からなくなります。

まれに、麻酔の効きやすい方は長く効いてしまう場合もありますが、

体への影響はほとんどありませんので、ご安心ください。

麻酔は、緊張が過度だと具合が悪くなったり、痛みを強く感じてしまいます。

ですから、リラックスが一番の痛み防止になるのです。

とは言っても、緊張はやはりしてしまいますよね

強制的にリラックスできる、深呼吸は是非してみてください。

酸素をいっぱい取り入れることで、脳はリラックスします。

それから、麻酔をした後、心臓のドキドキが強くなる経験をした方も多いかと思います。

ドキドキが強くなって皆さん心配になると思います。

でも、安心してください。

麻酔をした後は多少なりともドキドキします。

それは、麻酔薬の中に、心臓をドキドキさせる成分が含まれているからです。

だからドキドキするのです!

ドキドキするから私は麻酔のアレルギーとかあるのかも!と

思っている方もいると思いますが、

正常の反応です!!

どうしても心配な方は、心臓の拍動を測りながら麻酔することも、当院では可能です。

いつでもお話ください。

とにかく、根城よしだ歯科は麻酔についての、技術、知識を最大限に高めております。

安心して皆さんが治療を受けてくださることに、全力で取り組んでおります。

何か気になること等ありましたら、私たちのために、いつでもお話くださると幸いです。

よろしくお願いいたします。

カテゴリ:

2016/04/22
酸蝕症

みなさんこんにちは!

青森県 八戸市 根城よしだ歯科 歯科医師の酒井くみ子です。

今回は虫歯以外の原因で歯が溶ける病気「酸蝕症」について書いていきます。

虫歯(う蝕)は、プラーク(歯垢)の中にいる虫歯菌が、

糖分(炭水化物)を栄養にして「酸」をつくり、その「酸」によって歯が溶ける病気です。

飲食をすると虫歯菌によって酸が作られお口の中のpHは急激に下がり酸性になります。

pHが5.5~5.7以下になると、歯の表面のエナメル質表層から歯の成分である

「リン酸イオン」、「カルシウムイオン」が唾液中に溶け出してきます。

これを脱灰といい、歯の表面がとけて少しザラザラしたような感じになります。

このときは虫歯の穴はまだ開いていません。

飲食終了後は唾液の働きで、
下がったpHはだんだんと中性へと戻っていきます。

pHが5.5~5.7以上になると溶け出ていた「リン酸イオン」「カルシウムイオン」が歯に戻り始めます。

これを再石灰化といいます。

それらもpH5.5~5.7以下のものは歯の成分を溶かします。

虫歯(う蝕)と酸蝕の違いは、虫歯(う蝕)は口の中で糖から作られた酸が原因であるのに対し、

酸蝕はそのままの形で入ってきた酸そのものが原因となるところです。

虫歯(う蝕)の場合は、プラーク中で酸が作られるので、

歯が解けて穴となるのはプラークの付きやすい部分(歯の溝、歯と歯が隣り合う面や歯と歯茎の境目)にできやすいですが、

酸蝕は酸性の飲食物が口の中全体に広がります。

さらに噛み合わせが強い方は、溶けやすい歯にさらに力がかかるので歯がどんどん溶けてしまいます。

カテゴリ:

2016/04/18
フッ素の効果はすごい!

みなさんこんにちは、青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

この度、平成28年4月に保険点数、診療報酬の改正により、かかりつけの歯医者は

地域の患者さんとより密接に関わり会えるように、施設の充実度合いや、ドクター、衛生士の人数、

設備が最新、高度であるかなどで、その重要性を評価されるようになりました。

根城よしだ歯科は、その施設基準を満たしている、日本でも有数の医院として評価され、

現在、患者さんたちに、より良い歯科医療を提供できています。

その一つに、『予防』に対する、国の見方が変わりました。

歯医者は、「虫歯、歯周病を治すところ」というのが今までの解釈でしたが、

これからは、「虫歯、歯周病にならないように、予防するところ」という概念が

最善の歯科医療として、現在はやっと広まってきています。

虫歯はできるだけ削らない。

虫歯になる前に予防することが、今現在、最大最善の治療です。

そのために必要なのが、「フッ素」による予防です。

『フッ素』はご存知の方も多いとは思いますが、簡単な虫歯なら治してしまう、

「再石灰化」に大きく関与します。

歯の表面が少し、白くなっていたり、ボソボソしてしまっていたりするのが

虫歯の初期です。

それを放っておいてしまうと、虫歯はどんどん進み、

気づいたら、「しみる」「噛んで痛い」など症状が出てしまいます。

だからこそ!その小さい虫歯を進行させないことが重要なのです!

そこでフッ素が活躍するのです!

フッ素を定期的に塗ることは、本当に効果的です!

定期的なメンテナンスの度に、フッ素を塗布し、

虫歯の進行を抑制することは、必須です。

さらに、フッ素入りの歯磨き粉、

特に、歯医者専用で販売している歯磨き粉は、

フッ素の配合量が多いです。

ちなみに、私が使っているのが、「チェックアップ、スタンダード」です。

私はもう長年、これ以外の歯磨き粉は使っていません。

詳しくは当院の衛生士に是非聞いてみてください。

あなたの、歯を、一生守る決意で私たちはメンテナンスさせていただいております。

お任せください!

カテゴリ:

2016/04/18
義歯の洗浄

みなさんこんにちは☆

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!
いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

今回は「義歯のケア」についてお話しします。

義歯をお使いの患者様に質問です。

義歯はどのようにケアしていらっしゃいますか?

いくつかポイントがありますのでご紹介させていただきます。

1、毎日流水下で義歯清掃専用歯ブラシで洗う
  →義歯を洗う際は必ず流水下で洗いましょう。できれば義歯専用歯ブラシを用いることをお勧めします。
   また、注意点としては、
   「歯磨き粉を使用しない」
   ことです。
   なぜかというと、
   歯磨き粉の中に含まれている研磨剤が、
   義歯を傷つけてしまう恐れがあるためです。
   一見、匂いもいいし、泡立つし、良さげな感じに見えますが、帰って義歯の寿命を短くしてしまう恐れがありますので気をつけましょう。
2、外している際はお水につけておく
  →義歯の最大の弱点は
   「乾燥」
   乾燥してしまうと、
   義歯の主成分であるレジンが変kしをしてしまう恐れがあり、
   入らなくなる可能性があります。
   必ず乾燥を防ぐように対策をとりましょう。
3、週に2〜3回は義歯洗浄剤につけておく
  →義歯は顕微鏡下で見ると小さな穴が開いており、  
   そこにバイ菌が迷入すると
   口臭の原因になります。
   そこで、
   週の2〜3回は必ず洗浄液につけておき
   消毒をしましょう
4、残っている歯は必ず歯ブラシをしましょう
  →これは、当然ですよね☆
   残っている歯は大切です。

カテゴリ:

2016/04/17
予防セミナー

みなさんこんにちは☆

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!
いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

今回は「予防セミナー」についてお話しします。

当院では、新規で来院してくださった患者様を中心に、

予防セミナーを行っております。

この予防セミナーを行う目的は、

患者様に

正しい知識をつけていただき、
その結果、一生ご自身の歯を使っていただくことにあります。

そのために、

この予防セミナーでは
・歯周病と虫歯について
・予防先進国と比べた日本の現状
・予防歯科のメカニズム

について、約1時間、
当院の歯科医師と歯科衛生士が
専門知識を交えてわかりやすく説明させていただきます。

ちなみに、この予防セミナーを受講するとしないとでは、
予防の結果が全然違うんです!

みなさんに正しい知識をつけていただくことが正しい結果を生みます。

ぜひ受講していただきましたら幸いです。

何かありましたらいつでもお声掛けください!!!!!

カテゴリ:

2016/04/15
歯と歯の間のお手入れ

みなさん こんにちは、

根城よしだ歯科 歯科医師の 酒井くみ子です。

今回は歯と歯の間のお手入れの仕方について書いていきます。

虫歯から歯を守るためには、歯と歯の間のケアが必要不可欠です。

歯と歯の間のケアをするには歯ブラシだけだと、

毛先は、歯と歯の間まで届きません。

歯ブラシの他に、デンタルflossを使用することを推奨しています

また、歯周炎を予防・改善するには、歯と歯の間のの歯肉縁上・縁下1~2mm(歯と歯の間の歯茎の境目)のケアが必要不可欠となっています。

「デンタルフロス」は何本もの繊維が絡んでいるため、

歯と歯の間を通すとフワッと広がり、歯肉を傷つけることなくプラークを確実に除去できます。

デンタルフロスとは歯ブラシで届かないぴったりとくっついた歯と歯の間を清掃する糸状の清掃道具です。

歯ブラシだけの清掃では全体の6割ほどしか清掃ができないと言われています。

デンタルフロスを使用することによって約8割までプラークの除去率があがります。

むし歯の90%が歯と歯の間から。そして歯周病も歯と歯肉の間の溝に残したプラークが原因で起こります。

歯ブラシだけをいくら頑張っても、虫歯や歯周病は予防できません!お口の中の健康のために、歯ブラシで届かない部分のケアがとても大切になってきます。

カテゴリ:

2016/04/11
お口の歯肉・舌・粘膜(歯以外の場所)の疾患について①

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

お口の中には歯以外にもたくさんの組織があります。

歯肉(歯ぐき)、舌、頬の粘膜、口蓋(お口の天井の部分、さらに軟口蓋と硬口蓋に分けられる)、唾液腺の出口…

正直挙げられないほどの組織が存在します。

今日は、そのうちのでもまず「舌」についての病気、疾患についてお話ししようと思います。

「舌」はみなさんもご存知のように、とても重要な役割を果たしています。

なんだと思いますか?

そうです、味覚を感じる重要な部分です。味覚を舌の表面にある、無数の感知器官(乳頭)から味の成分を感じ取り、

それを暗号化し、脳に送ります。

それが「味」として人間は理解するのです。

他にも舌は、発音に関与したり、食べ物をうまく咀嚼するのを助けたり、と無意識にかなり活躍している臓器ですね!

その舌の病気で最も怖いのが、「舌がん」です。

最近はテレビなどでも舌がんの話題を目にしますが、確かに舌がんは恐ろしい病気です。

私は、大学の口腔外科に在籍していたこともあり、

舌がんで大変な思いをしている患者さんたちをたくさん診て来ました。

舌がんになって舌を切ってしまわなければいけなくなった方や、

味をほとんど感じなくなってしまった方、

話しにくくなってしまった方、

放射線治療でお口の唾液がほとんどでなくなってしまった方、

もちろん亡くなってしまった方もいらっしゃいました。

しかし、舌がんは他の臓器と違う点が一つあります。

それは、発見しやすいということです!

目に見えるところのがんですので、変化に気付きやすいです。

だから進行する前に、早期治療が可能になります。

だからこそ!!て定期的にメンテナンスに来ていただきたいのです!!

私たち専門は、がんは見れば分かります!

怪しければ、すぐに大病院で検査依頼も可能です。

メンテナンスの重要性を是非、みなさんに理解していただければ幸いです。

舌の他の病気には、「舌炎」や「乳頭の萎縮」「カンジダ症」「黒毛舌」「血腫」

などがあります。

「カンジダ症」はお口の中を不潔にしていると発症します。

免疫力が下がっても発症します。

生活習慣に留意し、お口の中を清潔にしておけば問題はありません、発症もほとんどしません。

「黒毛舌」は抗生剤を長期に服用している方に発症します。

怖い病気ではありません。

「血腫」はいわゆる血豆ですね。まったく気にする必要はありません。

このように、舌にも様々な病気、疾患がありますが、ポイントは「変化に気づく」ことです。

だからこそ!!、何度も言いますが、メンテナンスを必ず受けてください!

私たち専門が見ることで、変化に気付きやすいです。

正常な状態と異常な状態を把握しやすいからです。

何か、気になる方はいつでも当院でご相談ください。

お待ちしております。

カテゴリ:

2016/04/07
歯周病は気づきにくい!?

みなさんこんにちは☆

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

今回は「歯周病は気づきにくい!?」についてお話しします。

 

突然ですが、皆さんは歯周病ではないと言いきれますか?

急に失礼な質問ですみません。。。

 

しかし、

 

内心、本当に20歳を超えた成人の方には全員に聞きたいと思っています。

 

なぜなら、

 

「成人の歯周病罹患率は約80%」

 

と言われているからです。

 

あまり知られていない事実ですよね。

 

 

つまり本当は

20歳に成ったらまずは歯医者に行って歯周病のリスクマネジメントをする

 

ことが必須なのです。

 

 

今現在は、歯周病が原因で来院される患者様のほとんどが、

 

・歯がグラグラする

・歯茎が腫れた

・口臭がひどい

 

などの主訴で来院されますが、

 

実は、症状が出ているものは手遅れの可能性があるのです。

 

 

ご自身の一生に一度しか萌出してこない永久歯を一生使いたいのであれば、

正しいセルフケア、プロフェッショナルケアをしましょう!

 

当院では7名の衛生士が全員高いレベルの知識とスキルをつけて皆様をお待ちしております。

 

ぜひみなさんご相談ください。

カテゴリ:

2016/04/04
マイクロスコープを使った診療を行っております

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

 

当院ではDrも衛生士も個人の拡大鏡を使用して診療しています。

 

各自拡大倍率はそれぞれですが、院長と私は8倍の拡大鏡を使用しています。

 

8倍とはどのくらいか想像できないと思いますが、イメージとしては、例えば「歯」から5cmくらい離れた位置で

 

見ているといった感じです。

 

要はものすごく、精度の良い虫眼鏡を常にかけて治療しているということです。

 

歯は小さく、お口の中もそれほど大きなスペースではないので、正直拡大鏡をつけ、さらに特殊なLEDライトをつけて

 

見ないと、見えないんです!

 

我々Drは常に、医療の質にこだわり、患者さんの病気を確実に治すことが、一番の役目だと考えております。

 

せっかく勇気を出して、歯医者に来ていただいている患者さんに、最善でレベルの高い治療をするためにも、

 

この拡大鏡は絶対不可欠なアイテムなのです。

 

それが礼儀だと思います。

 

しかし、この8倍の拡大鏡をもってしても、見えないものもあります。

 

本当に目に見えないくらいの、小さな歯の亀裂や、その修復、一寸の狂いも許されない、シビアな治療なども

 

我々は施さなければなりません。

 

でも、見えないからできません。抜歯ですね…と私は言いたくありません。

 

「最善」が私のモットーです。できる限りのことをやって、もう選択肢はない!という極限になるまで、

 

諦めないことも「最善」の一つだと私は思います。

 

だからこそ、私はこのマイクロスコープを使って診療を行っております。

 

マイクロスコープの倍率は、なんと25倍です!!

 

私のかけている、拡大鏡の3倍以上です。

 

これを使うことで、治せなかった歯も治せてしまう場合もあるのです。

 

例えば、根の先に膿がたまり、根の治療を何回やっても良くならない場合や、

 

前歯の綺麗なセラミックの被せ物をするために、精密に歯の形を作る時など

 

とても精度が問われる治療で私は使っています。

 

そのこだわりが患者さんの歯にとって、少しでも役に立つのなら、

 

私は惜しまず、マイクロスコープを使用し、患者さんの期待に

 

少しでも近づけるよう、これからも研鑽していきます。

カテゴリ:

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517
  • ネット予約確認
  • 初めての方へ 初回の患者様へ精密検査を行っております。 初診料は大人が保険診療約5,000円+自費検査費10,000円の合計約15,000円、高校生未満の患者様は保険診療約3000円(※医療券あれば0円となります。)+自費検査費約9000円(レントゲン+唾液検査)の合計12,000円のご費用負担となります。 予めご了承ください。

    また当院は虫歯・歯周病予防型歯科医院のため治療後の定期メインテナンスにご賛同いただける方のみご連絡、ご相談ください。
    ※メインテナンスは自費診療となります。
  • バーチャル体験
  • 痛いのが苦手な方へ
  • 院長紹介

診療時間

9:00-13:00
14:00-18:00

月~土

9:00-13:00 14:00-18:00

休診日

日・祝祭日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

  • 院長ブログ
  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • スタッフブログ


TOP