八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

  • 予約
  • 予約
ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

歯の豆知識

2015/11/30
さし歯(金属の土台)について

みなさんこんにちは!青森県八戸市根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

 

今日はさし歯についてお話します!

 

神経を取って、その取ったところに金属の土台が埋め込まれているものが、

 

さし歯です。

 

金属のさし歯が入っているメリットは…

 

技工士さんが作ってくれるので、

 

歯にぴったり合います。

 

ぴったり合うことで、治療の時間は短縮されます。

 

次にデメリットです。

 

デメリットはたくさんあります。

 

1)金属の力が強すぎて、歯が割れてしまう場合がある

 

神経を取った歯はもろくなりやすく、その歯が金属の土台の力に耐えられなくなり、

 

最終的には歯を抜かなければいけないという事態に陥ってしまうことがあります!

 

2)金属の色が歯に溶け出し、歯や歯茎が黒ずんでしまう

 

金属の成分が歯の中から滲み出して、歯も歯茎も真っ黒くしてしまいます。

 

前歯で歯茎の境目が黒くなっている方は、金属の土台が入っている場合が多いです。

 

3)金属アレルギーの原因に

 

金属の土台に使われている金属は、金属アレルギーを起こす可能性が高いと言われています。

 

このように、たくさんのデメリットがあるため、当院では、金属の土台は一切使っておりません。

 

前歯の審美治療を行っている当院で、金属の土台は命取りです。

 

歯を綺麗にしたいと思っているみなさん、ぜひ当院にご相談ください。

 

みなさんの理想の歯を手に入れましょう!!

 

 

カテゴリ:

2015/11/29
母乳とう蝕

みなさんこんにちは!!

青森県八戸市 根城よしだ歯科 歯科医師酒井くみ子です。

 

今回は母乳とむし歯の関係について書いていきたいと思います。

夜間の母乳をあげた後、すやすや寝てる赤ちゃんを起こさず歯磨きをせずに、そのまま寝かせてあげつママも多いと思います。

夜間起きてしまったときも添い乳をして、またすぐに寝てくれる赤ちゃんもいます。

しかし、前歯が生えはじめると、むし歯もきになってくると思います。母乳や粉ミルクはむし歯の原因になるのでしょうか。。

 

母乳だけではむし歯にならないと言われていますが、お口の清掃状態が悪い状態で母乳をあげるとむし歯の原因になります。

母乳に含まれている成分は乳頭なので、虫歯菌を増やす原因はありません。

赤ちゃんは舌で乳首を上の前歯に押し付けて母乳を吸います。

これは哺乳瓶でも同じことで、上の前歯に母乳がたまります。

そのまま寝てしまうと、夜は唾液も少なくなるので、母乳が洗い流されることなく、上の前歯の表面に残ったままになってしまいます。

 

そしてこの時に、お口の中が汚れていると母乳が歯の汚れをコーティングしてしまうことになってしまいます。

もし汚れがお砂糖だと、あっという間に歯の表面がむし歯になっていまます。

 

夜間の母乳がどうしてもやめられないのであれば、

上の前歯の表面をきれいにしてあげてから、与えるようにしましょう。

カテゴリ:

2015/11/27
歯の神経

みなさんこんにちは☆

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

今回は「歯の神経」についてお話しします。

 

歯の内部には、神経が通っています。

 

その神経には血管もあり、歯に栄養分などを与えて歯の強さを維持したりもしています。

 

この神経はなるべくなら残していところですが、

①虫歯が神経に達し、細菌感染している

②歯牙打撲などが原因で神経が失活し、何らかの原因で感染してしまった

 

などの要因から、神経を除去しなければならない場合があります。

 

その後の歯は一体どうなってしまうのでしょう。

 

それは

①歯がもろくなる

②歯が黒く変色してしまう

③再度根管内が膿んでしまい、再発の恐れがある

 

などが考えられます。

①歯がもろくなる

に関しては、

神経内に存在する血管もろとも除去するため、生え送られていた栄養分が断たれることで、若干歯の強さが弱まると言われています。

②歯が黒く変色してしまう

に関しては、

神経の血管内の血液の鉄成分が溶出し、黒くなると言われています。単体でのホワイトニングや、被せ物をすることで補います。

③再度根管内が膿んでしまい、再発の恐れがある

い関しては、確実ならラバーダムによって最近感染からの予防に努めて処置を進めていきます。

 

このように神経を除去することは様々な不安がありますが、確実な処置によって、十分に歯を長持ちさせることは可能です。もし痛みがあった場合は、ぜひ相談していただきたいです。

 

お気軽にご相談ください。

カテゴリ:

2015/11/23
親知らず

みなさんこんにちは!!!

青森県八戸市の根城よしだ歯科 歯科医師の酒井くみ子です。

今回は

「親知らずの病気 智歯周囲炎(ちししゅういえん)」について書いていきたいと思います。

親知らずは進化の過程でもともとない方もいれば、はえるスペースがなく、半分だけ埋まっていることや、完全に埋まっていることもあります。

親知らずは、半分しか生えず歯肉に部分的に被ったままだと、汚れが溜まりやすく不潔になりやすいことがあります。

そして、歯肉の炎症を起こしやすい状態になってしまいます。

これを智歯周囲炎(ちししゅういえん)と呼びます。

20歳前後の人に発症することが多いです。

智歯周囲炎(ちししゅういえん)が周囲の軟組織や顎の骨に広がると、腫れたり、口が開きにくくなったりすることもあります。

抗生物質で腫れを抑えることができますが、

親知らずの生える方向が悪かったり、何度も炎症をくり返しているような場合は、

抜歯することが適当と考えられています。

磨きにくい親知らずのせいで、手前の奥歯も虫歯にしてしまう方も多くいます。

 

 

親知らずが腫れを繰り返していて、心配な方、そもそも親知らずがあるのかもわからない方もいると思います。

心配な方は是非、歯医者さんでみてもらいましょう!!

 

カテゴリ:

2015/11/18
「シェードテイキング」

みなさんこんにちは☆

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

今回は「シェードテイキング」についてお話しします。

 

前歯をクラウン治療する際、一番大切と言っても過言ではないのがシェードテイキング。

シェードテイキングとは、簡単に言うと歯の色あわせですが、光の加減、左右の歯の色の違い、上下の色の違い、湿気、歯肉色など、様々な要因を吟味し、一つの色を作り出します。

前歯の色あわせとは、実は超難易度が高く、写真通り作っても写真自体の解像度に違いがあれば全く違う色になってしまうのです。

ではどのようにしてシェードテイキングしていくのか。

それにはいくつかの方法があります。

①シェードガイドで照らしあわせる

シェードを見極めるには「シェードガイド」が必要です。シェードガイドとは歯の色の特徴をいくつか分類したいわば「歯の色の見本」のことを指します。

赤系のA、イエロー系のB、グレー系のC、ダークブラウン系のDに分かれており、日本人は日本人の歯の色はA3~3.5が標準的でアメリカ人はA2~2.5程度といわれています。

このシェードガイドと照らし合わせたシェードを、根城よしだ歯科では作成してくれる技工士さんに同席してもらい、実際に見てもらい、さらに写真を撮ってもらい、精度を上げています。

②デジタルシェード自動測定機器「ビタイージーシェードアドバンス4.0」

高性能のLEDを装備し、周りの環境に左右されずに誰にでも正確なシェードが瞬時に表示されるデジタルシェード自動測定器を用いて、シェードを測定します。

この2種類を用いて、作成していくことで、なるべく歯牙色に近づけるよう努力しております。

 

もしも前歯の変色や、被せ物の色がきになる方は、ぜひお声掛けください☆

カテゴリ:

2015/11/17
歯の変色について

皆さんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

 

今日は気になさっている方の多い、「歯の変色」についてお話します。

 

歯の変色は大きく分けて、

 

①歯そのもの(歯の中)の色の変色

 

②歯の表面の変色(着色)

 

この2つです。

 

まずは①から説明いたします。

 

歯の中から色が変わってしまう原因の一番は、「加齢」です。

 

肌の老化と同じように、歯も歳をとります。それによって茶色になってくるのです。

 

それから、毎日の歯ブラシや歯ぎしりで歯が削れ、歯の中の象牙質という色のついている組織が、

 

薄く透けてきてしまうということもあります。

 

また、歯の神経を取った歯は、栄養不足になり、歯の色が黒ずんできます。

 

低年齢時に起こる変色の原因としては、抗生剤やフッ素の過剰摂取が挙げられます。

 

テトラサイクリン系の抗生剤を永久歯ができる途中に多く摂取すると、歯そのものが変色してしまいます。

 

フッ素も同じです。

 

また、何らかの原因で、歯が完全に作られないで、生えてきた場合も、茶色が強い歯が生えてくることもあります。

 

あとはもちろん虫歯も色は変わりますよね!

 

次に②についてです。

 

②はいわゆる、歯の着色です。

 

色の強い食べ物(カレーなど)を何度も食べたり、コーヒー、ワイン、お茶を多く飲んだり、タバコのヤニなど、

 

歯の表面に色がついてきます。

 

これはどんな方でもなる可能性があり、珍しいものではありません。

 

それから、歯に詰め物がしてある場合、そのものが変色したり、隙間が着色したりします。

 

ちなみに銀歯はだんだんお口の中で溶け出し、歯自体を黒くしてしまいますのでご注意ください。

 

 

①も②も治療してほとんどが改善できます。

 

②の多くは、歯医者の特殊な器具で、お掃除をすると大体改善します。

 

ただし、詰め物や銀歯の中の変色は詰め直すか、黒く変色したところを削って詰めなおさないといけません。

 

二度と変色しないセラミックなどに詰め替えるのもいいでしょう。

 

 

①の治療法についてはその状態によって異なります。

 

「ホワイトニング」で白くできるものから、歯の神経を取った歯などは、歯全体を覆う被せ物をするなど、

 

単なる着色よりは、治療の回数、費用もある程度かかります。

 

虫歯であればしっかり治さないといけません。

 

一生使う歯です。

 

しっかりメンテナンスし、患者さん個人個人に合った治療法を選択していただければ幸いです。

 

いつでも当院でご相談ください。

カテゴリ:

2015/11/13
虫歯は感染する!?

みなさんこんにちは!!!

 

青森県 八戸市 根城よしだ歯科 歯科医師 酒井くみ子です!!

 

虫歯は風邪と同じ、感染症と聞いたことありますか??

風邪が伝染するのは、広く知られていますが、実は虫歯も風邪と同じで感染するのです。

もともと赤ちゃんのお口には、虫歯菌(ミュータンス菌)はきません。

生まれてから3歳までの間に、まわりの大人とのスキンシップで感染します。

例えば、家族で箸や食器を共有する。

食べ物を口移しする。

熱い食べ物をふーふーと冷ます。

このような当たり前のスキンシップで虫歯菌(ミュータンス菌)は感染してしまいます。。

(赤ちゃんとのスキンシップは大事なので、難しいことではありますが・・・)

3歳くらいまではなるべくしないようにしましょう。

極力このような行為を避けることで、生涯虫歯になりにくいお口にすることができるのです。

 

当院では虫歯菌(ミュータンス菌)がどれくらいいるか調べることができるので興味がある方は

お尋ねください!!

お母さん自身の虫歯菌(ミュータンス菌)がどれくらいいるか調べることもできるので、

お子さんのお口を守るためには、お赤さん自身のお口の状態を把握することも大切です。

もし虫歯菌(ミュータンス菌)が多い場合は、キシリトールを定期的に摂取することで、

菌の活動を抑えることもできます。

 

 

カテゴリ:

2015/11/11
【適合】

みなさんこんにちは☆

 

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!

いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます!!!!!!!!!!!

 

私たち医療法人スマイルクリエイト根城よしだ歯科は歯牙の喪失する原因の90%をしめる「歯周病」「虫歯」を徹底的に管理し、一生涯の予防に努めています。

 

今回は「適合」についてお話しします。

 

みなさんは、口腔内を「予防」していますか?

ブラッシングを頑張ったり、

フロスをしたり、

定期的なクリーニングをしたり。

セラミック治療ほ施して、プラークの付着を軽減したり。。。。。。。。。。

様々な取り組みをすることで、予防歯科的な口腔内を得ることができます。

 

その中でも最も重要なことが一つあります。

それは、

 

「清掃しやすい口腔内にしているか??」

 

ということです。

 

いくらブラッシングを頑張ったり、フロスを通したり、定期的なクリーニングを受けたり、セラミックにしても、

 

被せ物た詰め物の間に隙間があると、

そこに溜まったプラーク(虫歯菌や歯周病菌の塊)が原因で、

せっかくの取り組みが水の泡になってしいます。

 

汚れた水槽にいくら新しい魚を入れてもすぐに弱ってしまうように、

まず水質から改善しなければなりません。

 

みなさんもぜひ、本当の予防歯科に取り組んでみませんか??

カテゴリ:

2015/11/10
バイオフィルムの怖さ

皆さんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

 

皆さんは、自分の歯を舌で舐めてみたとき、ツルツルしていますか?

 

それともザラザラしていますか?

 

私は必ず、歯を磨いた後、全ての歯の表側、裏側、咬む面などを舌で舐めて、ザラザラがないか確認します。

 

ザラザラしていれば、また磨きます。

 

このザラザラがいわゆる汚れですよね。

 

そして、次磨くときは、今ザラザラしていたところを、必ず念入りに磨きます。

 

このように、歯の表面のザラザラがなくなるように歯を磨くことは重要です。

 

ではなぜ、ザラザラするのでしょう??

 

それの原因が「バイオフィルム」です。

 

バイオフィルムとは、いわば、「ばい菌の鎧」です。

 

歯がこの鎧をまとうと、その表面にさらにばい菌がついたり、汚れがつきやすくなってしまいます。

 

そして、その鎧で、歯ブラシからの攻撃を守り続けた歯は、鎧の中で溶け始め、虫歯になっていきます。

 

恐ろしいと思いませんか?

 

これが、バイオフィルムの怖さです。

 

それが舌で舐めて分かる、歯の「ヌルヌル」です。

 

ザラザラがなくなって、一見ツルツルしてるなと勘違いしやすいのですが、

 

実は歯の表面に、見えないばい菌だらけの膜が出来ており、

 

それはなんと!!普通の歯ブラシでは絶対に取れないのです!!

 

このバイオフィルムは、歯医者の機械的なクリーニングをしないと、取れないのです!!

 

恐ろしいですよね〜…

 

だからこそ!!定期的なバイオフィルム除去、歯科医院での専門的なクリーニングをしないといけないのです。

 

頑固にこびりついた、バイオフィルムに四苦八苦するよりも、定期的なクリーニングをするだけで、

 

あなたの生活は、さらに快適になるはずです!!

 

注意しなければいけないのは、「定期的に」バイオフィルムを除去しなければいけません。

 

個人差はありますが、一度歯科医院でクリーニングした後、数日、数週間でまたバイオフィルムを

 

ばい菌が作ろうとしていきます。

 

そしてまた膜が出来上がり、ザラザラする感覚になってしまいます。

 

私たち、歯科医療従事者は、自分でバイオフィルムが出来てきたのがわかります。

 

そして、とても嫌な気分になります…すぐに、私は当院の衛生士にクリーニングしてもらえますが、

 

患者さんたちはそうはいきません。

 

だから、定期的なクリーニングを必ず、皆さんのスケジュールに入れる生活をして欲しいのです。

 

美容院は定期的に行くけど、クリーニングは気になってからでいいや!ではなく、

 

髪が伸びるのと同じように、汚れも定期的に堆積していきます!

 

むしろ髪は切ることができますが、歯はその汚れのせいで、虫歯になったから削り、

 

その歯は、戻って、来ませんよね!!?

 

だったら、もっともっと歯を大事に、いたわって欲しいと私は常に思います。

 

自分の臓器である、「歯」を皆さんの意思で守り続けて欲しい、それが私たちの思いです。

 

そして、そのために、私たちは患者さんみなさんのお口の健康、そこから来る、快適な生活を

 

サポートさせていただきます!!

 

 

カテゴリ:

2015/11/09
歯磨きの仕方

青森県八戸市根城よしだ歯科 

歯科医師の酒井くみ子です。

 

歯磨きの仕方について書いていこうと思います。

歯磨きをみなさんは1日何回されていますか??

食後の後に歯磨きの習慣がある方がとても多いので、素晴らしいと感心させられますが、

ではなぜ、歯磨きしているのに虫歯になってしまうのでしょうか??

それは歯磨きをするうえで大事なポイントを抑えられていないからです。

一番虫歯になりやすいのは歯と歯の間です。

歯ブラシがあたる歯の表面は、唾液で自然と洗い流されるので、虫歯になりにくいのです。

1日1回は歯と歯の間のお手入れをしましょう!!

歯と歯の間が磨けていないのは、体でいうと足の指の間の汚れが落とせていないのと同じです!!

また歯と歯茎の間に隙間が空いている人は、「歯間ブラシ」もつかっていきましょう。

自分が歯ブラシ以外にどんな道具を使って磨けばいいのかは、衛生士さんに相談してみてください。

歯ブラシや歯間ブラシもいろんな種類やサイズがあるので、自分にあったものでポイントを抑えた正しいメールを心がけましょう!!

カテゴリ:
1 / 212

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

診療時間

9:00-13:00
14:00-18:00

月~土

9:00-13:00 14:00-18:00

休診日

日・祝祭日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

  • 院長ブログ
  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • スタッフブログ
  • ネット予約
  • 初めての方へ


TOP