八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

歯の豆知識

2015/09/30
【歯周病について】

【歯周病について】
みなさんこんにちは☆

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!
いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます。
今回は歯周病治療における「歯周病について」についてお伝えしたいと思います。

 

実は、ちょうど本日勉強会がありまして。。。

 

その中でみなさんにシェアしたいと思った内容があったので、ご報告します!!!

 

歯周病とは、感染症であり、生活習慣病でもあります。

では、感染症なら、抗生剤などの飲み薬での対応で治癒するのでは?と思いがちですが、実はそうではないのが歯周病。

歯周病の原因となる歯周病菌は、バイオフィルムと化して、歯面等に張り付いているのです。

そして、このバイオフィルムは歯ブラシでも除去が不可能のため、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアが必須です。

ですから、歯科医院への定期的な検診を進めるの目的の一つにバイオフィルムの除去があります。

 

歯周病の原因菌の代表であるpg菌の特徴の中に、

「鉄を好む」

というものがあります。

 

これは、どういうことかというと

「歯茎の炎症による出血を栄養に、どんどんpg菌は増殖する」

ということです。

 

つまり、歯周病菌を減らすためには、

歯肉の炎症症状の一つである出血を抑えなければならないのです。

 

ちなみに、アメリカ歯周病学会での、歯周病のリスクの順位は

1位:BOP(歯肉の出血)

2位:pg菌菌数、割合、遺伝子

3位:4mm以上のポケット

4位:生活習慣(喫煙)

 

と言われています。

 

この出血を減らすには、ご自宅のブラッシングが大切です。

ぜひ一度、歯科医院を受診し、

自分の現在の状況を診査し、ご自身にあった治療をしていただくことをお勧めします。

 

カテゴリ:

2015/09/29
お口の「できもの」について

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

 

自分のお口の中を鏡で見たときに、ふと「あれ、こんなところにこんなできものあったかな〜。」

と思ったことないですか?お口の中はできものができやすいです。

放っておいても大丈夫なものが多いですが、まれにしっかり治療した方がよいものもあります。

でもパッと見ても分からないですよね。患者さんたちのそんな疑問にお答えします!

 

①口内炎 

お口の中で一番よく見られるできものです。

 

白いものや、赤いものがあります。円状です。

 

心配はないですが、痛みがあります。

1週間ほどで治ります。

 

②血まめ(血腫)

ほっぺや舌を噛んでしまった時にできます。

 

赤黒く丸く膨らみます

 

基本的に治療の必要はありません。自然となくなります。

 

③地図上舌

原因は不明ですが、舌の表面に地図のような形で赤くなることがあります。

 

治療の必要はなく心配ありません。

 

④口腔カンジダ症

カンジダ菌が繁殖してしまった状態です。お口全体が白っぽい状態になります。

 

きれいな状態を保ち、よくうがいをしましょう。

 

⑤扁平苔癬(へんぺいたいせん)

お口の頬の粘膜に、白い膜のようなものができます。

金属アレルギーと言われています。金属を除去することで治ることが多いです。

 

⑥口腔癌

舌の横や裏に、白くかたいものができます。

痛みを伴うこともあり、早期発見、早期治療が必要です。

 

まだまだお口の中の歯ぐき、粘膜の疾患はたくさんあります。

異常を見分けるポイントは固さです!

白くなっていたり赤くなっている、またはぶよぶよしてるとか固いとか様々ですが、

特にガチガチに固いものは検査することをオススメします!

 

気になることがありましたら担当のDr、衛生士に何でも聞いて下さいね! 

 

カテゴリ:

2015/09/26
仕上げ磨き

みなさんこんにちは。青森県八戸市根城よしだ歯科

歯科医師の酒井くみ子です。

 

今回は「仕上げ磨き」について書いていきたいと思います。

 

みなさんいとって仕上げ磨きはどんなイメージですか??

「時間をかけて磨かないといけない」

「隅々まで細かく磨かないといけない」

「毎食後必ず磨いた方がいい」

「本人が磨いた後も、一からしっかり仕上げ磨きしたほうがいい」など様々だと思います。

実は、低年齢児の場合は

「時間をかけて磨く」「隅々まで細かく磨く」→磨き残しになりやすいところを効率よく磨いた方がいいんです。あまりにも一生懸命に磨きすぎると歯磨きを嫌がる原因になるので。

 

「毎食後必ず磨く」→実は一日1回でも十分なんです。

「本人が磨いた後も1からしっかり磨く」→本人が磨けているところを褒めて、やる気をだしてあげましょう。仕上げは上の前歯の唇側や奥歯を中心に磨いていきましょう。

 

年齢によっても気をつけるポイントは違います。

小学生から成人はホルモンのバランスにより、歯肉炎や歯周病になりやすいので、適切な歯磨きが必要になります。

 

低い年齢児は歯肉炎予防ではなく、歯ブラシで歯磨き粉に入っているフッ素を行き渡らせてあげるのが大事です。

 

参考になりましたでしょうか??

わからにことがあれば、気軽に質問してくださいね。

 

カテゴリ:

2015/09/23
【親知らずは抜歯すべきか?】

【親知らずは抜歯すべきか?】
みなさんこんにちは☆

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!
いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます。
今回は歯周病治療における「親知らずは抜歯すべきか?」についてお伝えしたいと思います。

 

「ああ、これは斜めにはえてるね〜、抜歯したほうがいいですねぇ〜」

 

この言葉よく耳にすると思います。

歯科医師にとっては抜歯が当たり前のことではありますが、

患者さんにとってはただの恐怖でしかないですよね。

 

では、親知らずとは果たして絶対に抜かなければならないものなのでしょうか?

実は、親知らずは「必ず抜歯しなければならないことは決してない」のです。

 

親知らずが生えていることで、いくつかのデメリットがあります。

①親知らずか第二大臼歯の遠心に倒れこむようにはえることで、歯周ポケットが深くなり、プラークなどが停滞しやすくなることで、智歯周囲炎のリスクが高まる。

②親知らずのスペースが確保できず、叢生のリスクが高まる。

③親知らずが正しく萌出したとしても、ブラッシングが行き届かず、口腔内環境が悪くなり、カリエスやペリオのリスクが高まりやすい。

 

などが挙げられます。

 

親知らずにも様々な状況がありますが、それをレントゲンや口腔内を視診することで確実に評価する必要があります。

 

・カリエスリスク

・PCR

・歯並び

・歯周組織検査

 

等を行い、データに問題がない場合は、決して抜歯をする必要はないと考えます。

 

しかし、口腔内によっては歯周病やカリエスのリスクが高い(細菌数が多い、歯周ポケットが深い、PCRが高いなど・・・)人もいます。

そのような方は抜歯をお勧めしております。

 

根城よしだ歯科では、確実に診査診断をします。その中で正しい情報提供することを約束します。

患者さんとDrの双方が納得し、治療が進むようコミュニケーションをとってまいりますのでご安心ください。

 

お悩みがありましたらお気軽にお声掛けください☆

お待ちしております!

カテゴリ:

2015/09/19
歯と歯の間のお手入れ

こんにちは 青森県八戸市根城よしだ歯科

歯科医師 酒井くみ子です。。

 

今回は「歯と歯の間をお掃除するデンタルフロス」について書いていきたいと思います。

 

デンタルフロスとは、歯と歯の間を清掃する細い糸のことを言います。

歯を磨く習慣があっても、デンタルフロスを使用する習慣がない方は多いです。

 

しかし、私たちのような歯科に関係する職種の方はおそらく毎日欠かさずデンタルフロスをおこなっています。それだけ、デンタルフロスで歯と歯の間を清掃するのは重要なことなのです。

 

虫歯のほとんどは歯と歯の間から発生します。しかし、歯と歯の間は歯ブラシの毛先が入っていかないので、歯ブラシだけだと磨く事ができません。

 

よく歯ブラシを毎日しているのに虫歯になったと嘆いている方がいますが、一番虫歯になりやすい歯と歯の間が磨けていないのが原因の1つかもしれません。

 

また、デンタルフロスを一度でも使った方はわかるかと思いますが、

デンタルフロスで汚れをとると、少し独特な臭いがします。

歯と歯の間には、歯周病菌や虫歯の原因菌が多くいるので、

歯と歯の間がケアできていないと、口臭の原因にもなります。

 

いままでデンタルフロスを使った事がない方でも、一度使い方を覚えてしまうと、

実は歯ブラシよりも簡単に使えます。

 

みなさんも、デンタルフロスを毎日使用し、予防をしていきませんか??

使い方はコツをつかむまでは少し難しいので

使い方などは、気軽に相談してくださいね!!

カテゴリ:

2015/09/17
【フェルールってなに?】

【フェルールってなに?】
みなさんこんにちは☆

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です!!!!!
いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます。
今回は歯周病治療における「フェルールってなに?」についてお伝えしたいと思います。

 

歯が虫歯になり、実質欠損をきたすと、人口物で補う必要があります。

このことを補綴(ほてつ)といいます。

補綴の際に、補綴を必要とする歯、つまり、土台となる歯のことを支台歯といいます。

支台歯の中には、生活歯(神経が生きている)と失活歯(罰髄している)があり、失活歯の

支台歯の状態によって、被せ物が長持ちするか、しないかが決まるんです。

 

フェルールとは

歯冠補綴物が、フィニッシュライン上に残る健全な残存資質を抱え込む部分のことを言います。

 

この残存資質の量が重要となります。

 

臨床上の決まりとしては

「フェルールは厚みは1mm以上、高さは2mm以上必要である」

とあります。

 

 

この値を下回ってしまうほどの実質欠損がある場合は、

・補綴物が脱離しやすい

・フィニッシュラインが歯肉縁下深くなり、歯周組織に炎症症状が起きる

 

など、様々な悪循環が起きます。

 

もしこのようにフェルールがない場合は、

 

・歯肉のラインを下げる

・歯根を引っ張り出す(エクストリュージョン)

 

方法もあります。

 

失った歯を取り戻すためには、

一手間では補いきれない場合もあります。

 

ぜひ、みなさん、むしばにならな口腔内にし、予防歯科を取り入れた生活をすることで、

確実に将来の満足度につながると確信しております。

 

何かお悩みのことがありましたら、いつでもご相談ください。

カテゴリ:

2015/09/14
よくある子供の歯への質問にお答えします

食後の歯磨きは当たり前。仕上げ磨きだってきちんとやっているのにどうしてうちの子は虫歯になるの!? お困りの方いると思います。そんな皆さんにアドバイスです!

 

Q、乳歯なら抜けてしまうので、虫歯になっても問題ない?

→乳歯で虫歯が多い子は、永久歯になっても虫歯になりやすいです。

なぜなら、虫歯の原因は歯だけではなく、唾液の性質に大きく関係

しているからです。唾液の性質、お口の環境を変えない限り

また虫歯になります。そこで、当院でも行っている唾液の検査をすると、虫歯になりやすいお口の中か一目で分かります。歯磨きやフッ素、定期検診だけで予防できると思ったら大間違い!しっかり唾液検査をしてまずは自分のお口の中を知りましょう!

 

Q、虫歯にならない環境にするにはどうすればいいの?

→それは、食生活が大きく影響しています。だいたい虫歯が多い子はお菓子や飲み物など時間を決めずに与えられている傾向があります。お口の中に常に糖分がある、歯を溶かしてしまう状態を作っているのです。スポーツ飲料は糖分も多く、酸性度が高いので非常に虫歯になりやすいです。アメも要注意。舐めている間溶け続けます。アイスクリームには水あめが沢山使われており、水あめは歯をコーティングしながら溶かしてしまうので食べ過ぎないようにしましょう。とにかく、だらだら飲み食いをやめて、時間を決めたメリハリのある食生活を心がけましょう!当院では食生活についてもアドバイスしていますよ!

 

Q、デンタルフロスを使うと「すきっ歯」になるというのはホント?

→フロスをすると「すきっ歯」になるというのは都市伝説です!フロスで隙間があくことはありませんので安心してください。実はフロスを常用してないのは日本人くらいで、欧米ではマストアイテムなんです。虫歯も歯周病も歯と歯の間から始まります。もっとフロスを活用しましょう。1日1回フロスを使う習慣をつけましょう。

 

Q、怖がらないで歯医者に連れて行くいい方法はありますか?

→小さいお子さんを安心させるには家族の協力が一番です!まずは、お父さんお母さんが歯医者を好きになり、しっかり通う姿を見せることですよね!間違っても「そんなことするなら歯医者に連れてくよ!」「歯医者で痛い注射してもらうよ!」などと言って歯医者=怖いところなどというイメージはつけさせないでくださいね!泣)

 

 欧米では歯医者には治療に行くのではなくメインテナンスをしに行くのは当たり前ということをほとんどの人が分かっています。日本人が、痛くなったり、詰め物がとれた時だけ行く人が多いのは、本当に重要なことを知らないからです。当院では「健康予防塾」という患者さんに予防の重要性などをお話しして、患者さんに知っていただける日を設けています。ぜひ皆さんこれに参加して自分の歯を残していくことの大切さを分かって下さい!そしてそのために我々が全力でサポートしますから!

カテゴリ:

2015/09/11
仕上げ磨き

みなさん こんばんは!

根城よしだ歯科 歯科医師の酒井くみ子です

 

今回は仕上げ磨きの疑問について

 

Q&A形式でお答えしていこうと思います。

 

Q.仕上げ磨きをはじめる時期は??

乳歯が生え始めるのがだいたい生後8ヶ月くらいなので、

その頃から歯磨きスタートです!

歯が生える時期は個人差があるのでお子さんのお口の中は常に確認しましょうね!!

最初は前歯から生え始めるので、歯ブラシよりもガーゼので拭ってあげる方が、汚れは綺麗になります。上の前歯の唇側が虫歯になりやすいので、最低限綺麗にしておくようにしましょう。

歯磨きを上手にさせてくれる子はなかなかいないので、短時間で効率よくよごれを落とす必要があります。

Q.毎回仕上げ磨きしたほうがいいの??

食事のたびに毎回でなくても大丈夫ですが、寝る前や夜ご飯のあとなど一日1回は仕上げ磨きをおこなうようにしましょう。

Q.仕上げ磨き卒業の時期は??

個人差がありますが、子どもが上手に自分の名前を書けるようになってから(手先を細かく動かせるようになってから)とも言われています。1つの目安にしてみてください。

 

参考になったでしょうか??仕上げ磨きを上手にできるお母さんはほとんどいません!!

 

虫歯になる原因は仕上げ磨きができていないから だけではないので、

お菓子の取り方や、フッ素を上手に使って

お子さんの歯を虫歯から守っていきましょう!!!

カテゴリ:

2015/09/10
【歯が抜けたその後に。。。】

【歯が抜けたその後に。。。】
みなさんこんにちは☆

青森県八戸市根城にあります歯科医院、根城よしだ歯科の歯科医師《山田優貴》です。
いつも「歯の豆知識」を閲覧していただきありがとうございます。
今回は歯周病治療における「歯が抜けたその後に。。。」についてお伝えしたいと思います。

みなさん、歯が抜けたその後に。。。

ご自身のお口の状態はどのようになるかご存知ですか??

実際歯が抜けた後に、
1本だけだし、問題ないよね!と思っている方もいらっしゃると思います。

のんな方に、お知らせがあります。

歯は1本抜けても、様々な障害が出てきます。

では、どのような障害が出るのでしょうか?

・両隣の歯が、抜歯してできたスペースに倒れこんできます。
・対合の歯がスペースに伸びてきます。
このように歯が動くことで、
咬合性外傷を引き起こし、他の歯の寿命を縮めてしまうことがああります。
また、歯と歯のの間にスペースが生じることで、食片圧入が起こりやすくなり、歯肉や歯槽骨などの歯周組織に悪影響を及ぼしかねません。

それを防ぐためには様々な処置方法があります。
その方法は、
口腔内の環境や、患者さんの要望などで様々変わります。
インプラント、義歯、ブリッジなど。
お気軽にご相談ください☆

カテゴリ:

2015/09/07
よく噛むことのメリットって何?

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

咀嚼(そしゃく)とはただ単に噛むという意味ではありません。よく噛んで砕いて

いき、唾液と混ぜ合わせることで消化吸収を助け、健康につながるという意味が

あります。今回はよく噛むことで得られるすばらしい効果をお話します。

①虫歯予防

よく噛むことによって唾液がよく出るようになります。唾液は酸を中和してくれます。

さらに唾液に含まれる、カルシウム、フッ素による歯の修復(再石灰化)をうながし、溶かされた歯の表面を

治してくれます!丈夫な歯を作ってくれます!

②脳の活性化

よく噛むと脳血管が拡張し、脳に血液とともにブドウ糖、酸素

などの栄養素が送り込まれ、さらには大脳から目覚め信号が

出て、脳は覚醒します。それによって脳の活性化を促し、脳の

老化を防ぎます!記憶力、認識緑、判断力、集中力なども高まると

いうわけです!

 そして、唾液に含まれるペルオキシダーゼは脳卒中、心筋梗塞、

動脈硬化、糖尿病、がんを予防してくれる効果もあり、生活習慣病の改善に有効だと

いう研究の結果も出ており、よく噛むことによって健康になるのです!

③ダイエットや美容効果も

 よく噛むと食べ物が細かくなり、また、唾液の消化酵素がたくさん出るため、消化吸収を助け、胃腸の負担

を減らします。

 また血糖値が高まるため脳から満腹感信号が出て、食べ過ぎを防止し、ダイエットにつながります。

 さらには、顔の筋肉と骨が鍛えられ、しわを予防しきれいな笑顔を生み出します!

首や胸、背中の筋肉まで適度に鍛えられ上半身が自然な状態になり、姿勢までよくなるのです!

④その他の素晴らしい効果

・ よく噛んで食べることによって免疫力を高める酵素も出て、風邪などの病気予防に

つながります!

・ 消化吸収を促すことで、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎、小児ぜんそく、花粉症などのアレルギー性

の病気もある程度予防することができます!

・ 最近の研究で、瞳の中にある水晶体というものが、よく噛むことによって厚みを増し、

視力の回復につながるというデータも出ているそうです!

・ よく噛むことであごの発達を促し、歯並びもきれいになります!ある程度硬いものも

よく噛んで食べましょう!

 歯がなくなるとこの効果は得ることが難しくなります。一生自分の歯で噛めるように、しっかり当院でサポ

ートしていきます!なんでもお聞き下さい!

カテゴリ:
1 / 212

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

診療時間

9:00-13:00
14:00-18:00

月~土

9:00-13:00 14:00-18:00

休診日

日・祝祭日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

  • 院長ブログ
  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • スタッフブログ
  • 初めての方へ


TOP