八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

歯の豆知識

2020/02/29
妊産婦の方の、お口、歯の悩みについてお答えします!

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。

今回は、妊産婦の方のよくある疑問についてお答えしようと思います!

正しい知識、情報を手に入れていただき、少しでも不安がなくなって安心して通院してくだされば

幸いです。

Q、妊娠中の歯科治療はしても大丈夫なの?

→妊娠中の歯科治療は、安定期(妊娠5ヶ月〜9ヶ月)の間であれば、問題ありません。むしろ産後に忙しくなることも含めて、安定期での歯科治療は推奨されています。妊娠初期は胎児に様々な影響が出やすい時期ですので、応急的な治療になります。妊娠後期は、患者さんが通院することが難しくなりますし、長時間の同じ体勢は身体によくないので、積極的に治療されることは控えた方がいいかもしれません。

Q、妊娠中の麻酔は赤ちゃんに影響ないのでしょうか?

→ほぼ問題なく使用可能です。出産の際の無痛分娩などにも同じ麻酔薬が
使われています。むしろ痛みを我慢することによるストレスの方が、
はるかに身体、胎児にとって悪影響であり、血流低下による流産や奇形の
恐れも考えられます。

Q、妊娠中のレントゲン撮影はお腹の赤ちゃんに影響ある?

→歯科用のレントゲン撮影では、お腹から撮影する場所が離れており、お腹の赤ちゃんへの
影響はほとんどないと言われています。さらに歯科用のレントゲンの放射線量は、飛行機で、東京〜ニューヨーク間1往復移動することによる自然放射線の被ばくの10分の1ほどの量で、ほとんど0に近いです。また必ず防護服を着用して行いますので、ほとんど心配はいりません。

Q、妊娠中、授乳中にお薬を飲んでも大丈夫ですか?

→比較的安全と言われているお薬を処方します。抗菌薬については、
ペニシリン系、セフェム系といわれるお薬、鎮痛剤はカロナールと
呼ばれる、子供にも処方するようなお薬を処方します。
一番大事なことは、抗菌薬を飲まず、ばい菌が感染・繁殖して身体、
胎児に悪影響が起こってしまうこと、痛みによるストレスで
悪影響が起こってしまうことであり、それは避けなければいけません。
しっかり相談しながら、判断していきましょう。

大体以上がよくある質問です。他にも以前お話しましたが、妊娠中の

歯茎の炎症の増加、歯周病の悪化、それによるお腹の赤ちゃんへの影響

などもしっかり理解していただきたいことです。正しい知識、情報を得て

安心して歯科を受診していただければ幸いです。そのためにも、当院で

しっかり定期検診、クリーニングを継続し、健康なお口を維持して

いつでもサポートさせていただければ私たちも安心です。

なんでも気軽にご相談ください。 

カテゴリ:

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517
  • ネット予約確認
  • 初めての方へ 初診料金

    当院は虫歯・歯周病予防型歯科医院のため治療後の定期メインテナンスにご賛同いただける方のみご連絡、ご相談ください。
    ※メインテナンスは自費診療となります。
  • バーチャル体験
  • 痛いのが苦手な方へ
  • 経営者向けインタビュー
  • 院長紹介

診療時間

9:00-13:00
14:00-18:00

月~土

9:00-13:00 14:00-18:00

休診日

日・祝祭日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

  • 院長ブログ
  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • スタッフブログ


TOP