八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

  • 予約
  • 予約
ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

歯の豆知識

2018/07/31
歯がなくなったところに対する治療について「移植とインプラント」

みなさんこんにちは!副院長の渕澤一徳です。


 


歯が虫歯、歯周病などの原因で抜歯しなければいけなくなった場合、そのままにしておくとお口の中、


 


歯は様々な良くない現象が起こります。ですから、何かしら歯を補わなければいけません。

 


今回は、歯がなくなったところを補う方法、「歯の移植(再植)」と「インプラント治療」について


 


お話しいたします。




 歯の『移植』とは歯のなくなった場所に、自分の他の場所の歯を移し入れることを言います。


 


『再植』とは、例えば、ぶつけて抜けてしまった歯を、同じ元の場所に戻すことや、治療のために意図的に


 


一度抜歯して、向きなどを変えて、また同じ場所に戻すことを言います。天然の歯に勝るものはありません。


 


とても有効な治療です。


 


しかし、制限も多く、難しい治療でもあります。


 


まずは最近よくご質問がある、移植のための条件についてお話しします。


 


①移植する場所の骨がない→歯は骨があってその場所に立っています。


 


ですので、あまりに歯周病で骨がなくなっていたり、根の先の膿が大きすぎて骨がなくなってしまって


 


いるような場合は、できません。


 


だからこそ普段から歯周病などの病気を、いかに予防することが重要か、ということですね!


 


②下顎の場合、神経に近すぎる


 


→下顎には太い神経、血管があります。


 


そこに近すぎる場合は歯を移植できません。


 


③上顎の場合、副鼻腔(上顎洞)に近すぎる→上顎には歯の根の奥、ちょうど目の下のあたりに、


 


副鼻腔(上顎洞)という空洞があります。


 


蓄膿症の発症する場所です。そこに近すぎると骨がないため、できません。


 


④移植する場所のスペースがない


 


→歯がなくなって、または根っこだけになった状態を放置しておくと、歯が動いてきて、


 


そのスペースを埋めてしまいます。


 


それによって歯を移し入れるスペースがない場合はできません。矯正治療によって歯を


 


動かす必要があります。放置することによって治療の選択も限られていき、


 


さらに費用もかかってしまうのです。


 


⑤移植するのに適した歯がない→移植したくても、それに適した歯がなければできません。


 


移植する歯の根の形態が複雑な場合も移植が難しい時もあります。


 


主に親知らずを移植歯として使うことが多いです。


 


⑥移植する歯が虫歯、歯周病に罹患している


 


→移植する歯が大きく虫歯になっていたり、歯周病が進行している状態では移植は難しいです。


 


 移植する場合は、必ずCTを撮影し、3次元的な診断も必要になります。


 


これらの条件をクリアした場合、移植が可能になります。


 


ただし、100%成功するわけではありません。条件が悪ければ悪いほど成功率は下がります。


 


ちなみに40歳以降の移植は成功率は下がるというデータもあります。


 


しかし、成功すれば10〜15年は保つというデータもありますので、


 


条件を満たせば、私はとても価値のある治療だと思います。


 


「自分は移植できるのかな?」など、気になる方は、いつでもご相談下さい。


 


みなさんのために、全力でサポートさせていただきます。


 


次にインプラント治療についてです。


 


1.インプラント治療とは?


 


 インプラント治療とは歯を失ったところに、


 


人工の歯根(根っこ)を骨に埋め込む治療です。そして埋め込んだ人工歯根が骨とくっつき、


 


その上に人工歯をつけて、天然の歯のような見た目と、


 


しっかり噛むことのできる素晴らしい治療です。


 


インプラントはチタンという金属でできており、金属アレルギーの心配もほとんどなく、


 


身体に安心な材質です。唯一、骨と科学的にくっつく材料として、


 


様々な医療分野で応用されております。


 


.インプラントは最大の予防!


 


インプラントのメリットをお話しする前に、


 


歯を失ったところを補う他の治療(以下「欠損補綴」と呼ぶ)について簡単にお話しさせてください。


 


他の欠損補綴を大きく分けると、「ブリッジ」と「義歯」が挙げられます。


 


どちらもある程度、見た目や噛み合わせを再現


 


できる治療です。しかし、一番のデメリットは、歯を失ったところの隣の歯、


 


もしくは他の歯に負担をかけてしまうということです。


 


ブリッジは失った歯を補うために、隣の歯を削り、義歯は他の歯にバネをかけ、


 


そこが虫歯になったり悪くなってしまうのです。これが「予防」の観点からすると、


 


歯を悪くするスピードを早めてしまう最大のデメリットなんです。


 


それと比べてインプラントは、


 


単独で骨に固定でき、隣の歯や他の歯を傷つけることなく、


 


もとの歯のように補うことができるという、


 


まさに「最大の予防」ができる素晴らしい治療なのです!


 


さらに!「長持ち」という点でも、インプラントはNo.1です!


 


ブリッジや義歯の再治療になる確率は、10年で50%ほどと言われています。


 


その度に虫歯で歯を削り、また歯を新たに失ったり…。


 


インプラントは、なんと10年後の再治療率は5%以下!


 


つまり10年以上は安心して使うことができる!という結果が出ているのです!


 


ただしもちろんしっかりメンテナンスしてですよ!


 


歯は削れば削るほど悪くなります。


 


そしていずれ結局は歯がなくなる…それで後悔している患者さんを、


 


私はたくさん見てきています。


 


みなさん、ぜひ「今」だけを見ず、「将来」を長い目で見て、


 


ご自分のお口の健康のために、最善の選択をしていただきたいと思います。


 


そのために、我々は全力で患者さんのサポートをさせていただきます!


 


お悩みの方、いつでもご相談ください!              

カテゴリ:

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

診療時間

9:00-13:00
14:00-18:00

月~土

9:00-13:00 14:00-18:00

休診日

日・祝祭日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

  • 院長ブログ
  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • スタッフブログ
  • ネット予約
  • 初めての方へ

Facebook


TOP