八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

  • 予約
  • 予約
ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

歯の豆知識

2017/05/15
歯科用CTの有用性について

皆さんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。


 


今日は、当院にもあります、CTについてお話いたします。


 


 


まずCTとは何なのか、ご存知の方も多いとは思います。


 


 


いわゆる体を3次元に分解して見ることができ、体の中の構造が簡単に把握できてしまう、


 


 


素晴らしい機械なのです。


 


 


今では、放射線の量も限りなく少なく撮影できます。


 


 


もっとも、歯科用のCTは部分的に照射するので、他の臓器には放射線がほとんど当たりません。


 


 


飛行機でアメリカを往復するだけで、かなりの放射能を浴びることに比べても、


 


 


かなり低い数値です。


 


 


だから安全性はものすごく高いです。


 


 


そして、CTの一番の有用性は、


 


 


最善の診断ができるということです。


 


 


当院でもインプラント治療は行っておりますが、


 


 


インプラントをする上で欠かせないのが、


 


 


骨の厚み、量、質などです。


 


 


インプラントは骨が命です。


 


 


その骨の状態を正確に、また精密に診断することは、今の時代必須と言えると思います。


 


 


当院では、インプラント治療の患者さんは必ず、CT撮影をさせていただきます。


 


 


患者さんにとっても我々にとっても必要不可欠な要素です。


 


 


また、根の治療の際にもCT撮影を行ったりします。


 


 


当院は根の治療にも力を入れており、根の先の膿みの大きさの把握や、


 


 


外科的に膿みを取り除くために、3次元的に位置なども把握して治療を行います。


 


 


確実性がものをいう治療には、やはりCTは欠かせないと言えます。


 


 


骨の神経の位置なども分かるので、神経や血管を損傷する恐れはほぼありません。


 


 


インプラント治療も、そのCT画像でオペのシュミレーションを行い、確実にオペを成功に導きます。


 


 


このように、CTはメリットだらけで、患者さんの身を守ることばかりです!


 


 


ぜひ、安心して当院の治療を受けていただきたいと思います。

カテゴリ:

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517


TOP