八戸市の歯科・根城よしだ歯科は痛みの少ない、精密治療の歯医者です。

  • 予約
  • 予約
ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

歯の豆知識

2017/03/13
抜歯治療後の治り方について

みなさんこんにちは!青森県八戸市 根城よしだ歯科の副院長 渕澤 一徳です。


 


 


今日は抜歯治療後、歯茎はどう治るかについてお話します。


 


 


やむなく抜歯治療を受けた方、受ける方抜いた後の歯茎ってどう治っていくかご存知でしょうか?


 


 


抜歯した穴は、通常最終的には歯茎と同じピンク色で、つるっと治ります。


 


 


ただし、ウミが多かったりすると、骨が中でなかなか治らず、凹んでしまった状態になることもあります。


 


 


だから、抜歯の時期というのはとても大事なのです。


 


 


抜きたくないからこのままで…そうおっしゃる方は多くいらっしゃいます。


 


 


そして気づいた時にはウミがたまり、骨が溶けて治りが遅くなって、痛みが強く出て…


 


 


そんな状態をたくさん見てきました。


 


 


大事なのは、「抜かなければもう治らない状態でそのまま放置することを選ぶ」より、


 


 


「抜く状態になる前に予防」してほしいと、強く思います。


 


 


抜歯した穴に血液がたまることが、治りに最も必要です!


 


 


治るためには血液が必要なのです!


 


 


だからうがいも強くしてはいけないし、麻酔をしすぎて血が出にくくなってはいけないのです。


 


 


適度な出血が、骨も歯茎も治していくのです。


 


 


血がたまらないと、治りも良くなく、遅くなり、一番ひどいのは、強い痛みを生じます。


 


 


治るまで1週間は特に安静にしていただきたいです。


 


 


しかし、抜歯した穴はほとんどが完全に埋まります。


 


 


心配することはありませんが、心配な時はいつでもご連絡ください。


 


 


 

カテゴリ:

カテゴリ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517


TOP