ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

歯の豆知識

2021/09/30
ビタミンDってどんな栄養素??

みなさんこんばんは!

青森県八戸市八戸総合歯科・矯正歯科の歯科医師の船橋美加です。

八戸も秋に入って、だんだん涼しくなってきましたね。

 

本日はみなさんの体を作っている栄養素の一つ、「ビタミンD」についてお話ししていきます。

ビタミンDは、実は数あるビタミンの中でも今最も注目したい栄養素です。

ビタミンDは心臓血管形、中枢神経系、免疫系、内分泌系など頭から足まで身体中の機能に関係しています。

例えば、血糖値が上がった際に身体から分泌され、血糖をコントロールするインスリンというホルモンがあります。

ビタミンDはそのインスリンを作るのを手伝ってくれたり、分泌を刺激してくれたりします。

 

しかし、この栄養素が不足すると次のようなことが起きてくることがあります。

・子宮内膜症

・不妊症

・妊娠糖尿病

・胎児の発育不全

・早産

・アレルギー

・リーキーガット症候群(腸漏れ)

・心臓発作

・脳卒中

・脂質異常症

・高血圧

型糖尿病

・慢性腎疾患

・骨折

 

そしてビタミンDが不足する原因としては、

・紫外線対策

・妊娠・授乳

・日照量の低下

・肥満・加齢

・野外活動の減少

・肝不全・腎不全

・吸収不全・摂取不足

などが挙げられます。

高齢化の進む現代社会では、体内でのビタミンD合成量がどんどん減っており、社会全体でビタミンD不足が顕著に現れています。

また八戸など東北は、関東と比べて日照時間が短いため不足している方が多いのも現実です。

 

ビタミンDは免疫機能を向上させたり、アレルギーを緩和させたり、十分に摂取することでみなさんの身体にとってとてもいい事が沢山あります。

特に今は新型コロナウイルスが流行っていますよね。

サプリメントや食事によってビタミンDを摂取することにより、ワクチンの副作用が軽くなることが分かっています。

また、新型コロナウィルス自体にもかかりにくくなります。

 

また、春の花粉症に悩んでいる方はいませんか?

私も毎年目が痒くなり鼻水がでて、いつも悩んでいました。

しかし、ビタミンDを去年の秋頃から毎日しっかり摂取することで、なんと今年は全く花粉症の症状がでませんでした!

 

当院でもビタミンDの医療用サプリメントを販売しておりますが、しっかり飲んでいただくことで、着実にビタミンDの体内濃度をあげていくことができます。

またビタミンDは、鮭や干ししいたけなどの食品に含まれています。

屋内で生活することの多い現代では、積極的に外に出て日光を浴びるのもとても良いことですね!

ぜひ、体内のビタミンDを増やし、風邪をひかない元気な体をゲットしましょう。

カテゴリ:

2021/09/10
フッ素は安全?子供に使っても大丈夫?

みなさんこんにちは!

青森県八戸市 八戸総合歯科矯正歯科 歯科医師の成田くみ子です。

フッ素の安全性についてお話ししていきたいと思います。

「フッ素=むし歯予防」につながることはご存知の方も多いと思いますが、

安全面に不安を抱いている方も多いと思います。特にお子さんに使うとなると尚更ですよね。

 

診療していると、「フッ素は絶対使いたくない・塗って欲しくない」という方も少なからず、いらっしゃいます。

フッ素の使用はもちろん個人の自由なので、フッ素についての正しい認識をしていただいた上で選択をしてるのであれば良いのですが、

漠然と不案だからという理由で使用したいない方には、是非一度フッ素について正しい情報提供ができればいいなと思っています。

 

結論から言うとフッ素は正しい使用量を守って使用していれば身体に害はありません。

 

口にする物には全てにおいて適量があります、

お醤油も大量に摂取すれば死に至る場合もあります。お水でさえ取りすぎると水中毒になってしまいます。

フッ素も同じです。適量であれば、むし歯予防として効果が高いので得られるメリットは大きといえます。

 

では適量とはどれくらいでしょうか??

歯磨き粉であれば以下の量になります。

以下の量とフッ素濃度であれば、むし歯予防効果も高いので参考にしてみてください。

 

体重1kgあたりのフッ化物摂取量は

中毒発現量:

約5〜10mg/kg

消化器症状発現量:

約3〜5mg/kg

歯磨き粉の適正量の使用量を使っての場合:0.003~0.007mg/kg

 

つまり歯磨き粉に使用する量は中毒など起こす量の約1/1000ということになります。

歯磨き粉で適正を使用する分には身体に問題ありません。仮に小さいなお子さんが歯磨き中に歯磨き粉を飲み込んでしまったとしても大丈夫です。是非参考にしてみてください。

2021/09/04
キシリトールでお子さんのむし歯予防

みなさん、こんにちは!!

青森県 八戸市 八戸総合歯科矯正歯科 歯科医師の成田くみ子です。

キシリトールって聞いたことありますか??

ガムに入っているイメージをお持ちの方も多いと思います。

キシリトールは天然素材の甘味料です。

糖アルコールの一種で砂糖と同じくらいの甘さがありますが、むし歯の原因にならないのが特徴です。むし歯の原因にならないだけではなく、むし歯の進行も防いでくれます!イチゴなどの身近な食べもにも含まれていて、体にも安全です。

むし歯の原因になるミュータンス菌は砂糖が大好き!砂糖を餌にして、酸を作り出し葉を溶かしてしまいます。

ミュータンス菌はキシリトールも餌だと勘違いして食べてしまいますが、キシリトールからは酸を作り出すことができないので、むし歯の原因になりません。

キシリトールはミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。

そして弱まったミュータンス菌は量もだんだん減っていきます。

また毎日少しずつ食べることで細菌の塊であるプラークがつきにくくなります。

 

キシリトールのガムが食べれない小さなお子さんは、キシリトールのタブレットがお勧めです。

食べ過ぎはお腹が緩くなってしまうので、1日1〜3個を目安にするといいです。

甘くて美味しくてむし歯予防になるので、お子さんのむし歯予防で上手に使っていきましょう。

 

 

2021/08/31
舌圧について

皆さん、こんにちは!

八戸総合歯科・矯正歯科の歯科医師の坂本です。

今回は舌圧についてお話したいと思います。

 

口腔機能の低下の指標の一つに舌圧(舌の力)があります。

きちんと噛めるのに口の中に食べ物が残るとか、飲み込みづらいなどある場合、舌圧が弱っているのかもしれません。

食べ物を噛んだあと、舌の力で喉のほうに送りこむ役割がありますが、これが弱いと食べ物が上あごに残ってしまいます。このように飲み込みの影響がある舌圧が弱くなってしまうと、体全体に影響を与えてしまいます。

 

舌圧を測る単位として㎪(キロパスカル)を使用します。

成人の場合は30㎪以上必要と言われています。

舌も筋肉でできていますので、柔らかい物ばかり食べるなど、使わなければだんだんと弱くなっていきます。

介護食など食べている高齢者では20㎪未満の方も多くいらっしゃいます。

 

食べるだけなら歯があれば大丈夫とはなりません。人は噛むときに歯を使います、噛んだ後食べ物は頬っぺたや舌の底に移動しようとします、この時頬っぺたの力と舌の力で噛む面に食べ物を戻してくれます。これを繰り返して食べ物を細かくしていきます。その後舌で飲み込みやすい形に整えて喉の奥に送り込みます。このように舌は食べるうえでたくさんの仕事をしています。

 

この舌の力が弱くなると口腔内の運動機能が低下するので、噛んで飲み込むという一連の動きが鈍くなります。一度に食べ物の塊を作り送り込むことができずなくなって、上あごや喉の奥に食べ物が残ることがあり、これが誤って食道ではなく気管に入ってしまうと、むせたり誤嚥性肺炎の原因にもなったりします。またうまく呑み込めないと栄養摂取の低下につながり、それが全身のフレイル(虚弱)につながって高齢の方は要介護状態になる可能性もあります。

 

舌圧が弱くなる主な原因は、加齢のよるものと考えられていました。しかし、最近では食生活の変化により、若い人のなかにも舌圧が30kPa未満で「むせる」「飲み込みにくい」という自覚症状のある人が増えてきているといわれています。舌圧の低下は高齢者だけの問題ではありません。

 

かんたんな予防法として、よく噛んで食べる。硬いものをよく食べる。またおしゃべりをよくする、カラオケで歌うなどでも舌の動きを向上できますので、日ごろから注意して行ってみてください。

 

八戸総合歯科・矯正歯科では舌圧検査を行っています。

舌圧が低かった場合も運動機能の向上のための指導もできますので

高齢で飲み込みがきになるかた、また若い方でもむせが気になる方など

何か心配ごと相談ごとがございましたら、一度ご相談ください。

カテゴリ:

2021/08/10
歯磨きのイヤイヤママDr.はどうしてる??

みなさんこんにちは!

青森県八戸市 八戸総合歯科矯正歯科 歯科医師 成田くみ子です。

 

お子さんの仕上げ磨きで悩まれている方,

たくさんいらっしゃると思います.

今回は、低年齢の3歳未満のお子さんを対象とした仕上げ磨きのポイントをお伝えしていきます。
3歳未満だと歯磨きに限らず生活のあらゆるところで、イヤイヤが増えてくる時期ですよね。
私も2歳の娘がいますが毎日子供のイヤイヤとどう向きくっていくか日々奮闘中です・・・

お子さんの仕上げ磨きで悩まれている方たくさんいると思いますので、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

低年齢のお子さんの仕上げ磨きで1番大事なことは、

「歯磨きを毎日の習慣にしていくことです」

しっかり綺麗に磨くことも大事ですが、それ以上に低年齢からの歯磨きの習慣を身につけることが大事です。

習慣にするには、お子さんに「歯磨きは楽しい時間」と認識させる関わりが大事になります。

仕上げ磨きをする前に「仕上げ磨きのするよ」って言っていませんか?仕上げ磨きするよという声かえは「あなたの歯磨きはちゃんとできてないよだから最後磨くよ」という裏メッセージが子供に伝わってしまいます。仕上げ磨きをするよというのではなく

あっ歯磨きやったんだー。と承認して、それから、キレイになったか見せてーって、見せてもらう。

全く磨けてなくても、できてるねー、キレイだねー、お母さん嬉しいなーって言いながら、気になるところは黙って磨いてあげればいいのです。我が子を虫歯にさせたくない!とうい思いからついつい

お子さんの歯磨きの声かけがキツくなってしまったり、怖い顔になっていいませんか?

私は特に職業柄歯科医師としてちゃんと磨かなくちゃいけない、むし歯にさせたくないという思いが強いので

気をつけていてもイライラした態度で歯磨きしてしまうことがよくあります。

こんな風にお子さんはお母さんのそういった態度を敏感に感じ取り、ますますイヤイヤになる傾向があると思います。

子供はお母さんの「笑顔」が大好きです。

たとえ泣き喚いていたとしても「上手に磨けたね」「大きな口上手だね」などの前向きな声かけを心がけましょう。

真面目なお母さんだと、完璧に磨かなくてはと必死になってしまうこともあると思います。

3歳未満だと、甘いおやつやジュースをとる習慣がなければ、虫歯になるリスクはかなり抑えられます。

歯磨きだけで虫歯予防をすると思うと大変ですが、同時に甘いもののコントロールを行っていきましょう。

私も我が子に全ての歯をきちんと磨けないまま寝かせてしまうこともよくあります。

ですが、甘いおやつやジュースをあげず甘いもののコントロールをして虫歯にならないように娘の歯を管理しています。

3歳未満の仕上げ磨きの目標は完璧に磨くことではなく毎日の習慣にすることです!親子共にコンディションが良くなくて、5秒くらいしか磨けない日があっても大丈夫です。短い時間でも毎日継続していきましょう。

 

2021/08/02
赤ちゃんのハイハイはなぜ大事??

赤ちゃんの成長発達の中でみられる「ハイハイ」の重要性について、

口腔発達の視点から書かせていただきます。

ハイハイ(ズリバイも含む)をしているときは、舌が上顎に接している状態

になります。

舌の位置は将来の歯並びや鼻で呼吸する習慣をつけるのに大事なポイントとなってきます。

 

 

 

 

正しい位置に舌がある方は、舌が常に上顎に接しているので顎の発達を促し、将来歯並びがよくなる可能性が高くなります。

誤った位置に舌がある場合は、舌が上顎に接していないので顎の発達が促されず歯並びが悪くなってしまったり、口で呼吸する習慣がついてしまう原因にもなります。

赤ちゃんのときにするハイハイはたくさんすればするほど、舌の正しい位置を獲得し鼻呼吸の土台をつくることができます。

またハイハイをするときに使う筋肉を鍛えることで、二足歩行になったときの体軸を整え、重力に打ち勝つ姿勢をつくることができます。

赤ちゃんにハイハイをたくさんしてもらうためには「ハイハイ」ができるような環境を整えてあげるのが重要になっていきます。

赤ちゃんの成長発達は多くの場合、

「首すわり→お座り→ずりばい→ハイハイ→つかまり立ち→1人歩き」といった流れで成長していきますが、ほとんどずりばいやハイハイをしないうちに歩きだすといったように発達を飛びてしまうことがあります。

腰が座らなくてもすわれるベビーチェアや歩行器の使用が原因の一つになることがあります。赤ちゃんの自然な成長発達を促すには、こういったベビーグッズの使用はおすすめできません。

ハイハイを卒業し、すでに上手にあんよしているお子さんは、雑巾がけの姿勢がハイハイと同じように筋肉を使うことができるので、家庭でとりいれてみてください。

2021/07/30
マウスピース矯正治療(インビザライン)の質問にお答えします!②

皆さんこんにちは!青森県八戸市 八戸総合歯科・矯正歯科(旧根城よしだ歯科)副院長 渕澤一徳です!

今回も、前回に引き続き、マウスピース矯正(インビザライン)の疑問にお答えしていきます!

 

Q1、マウスピースは1日に何時間装着しなければいけませんか?

 

→1日20時間以上装着が原則です。これが守られないと適切に歯が動かず、歯は動きません。もしこの時間未満の装着時間で行っていますと、マウスピースが最終的には合わなくなり、また全てやり直しになってしまいます。

基本的には、食事の時、歯磨きの時以外は装着しておくことをおすすめします。

 

Q2、マウスピースをつけたまま飲んだり食べたりできますか?

 

→マウスピースは外して食事して下さい。これがマウスピース矯正の最大のメリットになります。飲み物に関しては、お水であれば装着したまま飲んで構いません。砂糖が入った飲み物ですと、虫歯になってしまいますし、砂糖は入っていなくても、色が濃い飲み物ですと歯やマウスピースに色がついてしまいますので、控えた方が良いです。これを機に、間食なども見直し、生活習慣が改善するチャンスとプラスに捉えて頑張っていけたらいいですね!

 

Q3、マウスピース矯正治療中に虫歯ができやすくなると聞いたのですが…

 

→確かに通常よりは虫歯のリスクは上がります。虫歯予防に欠かせないのが、「唾液」です。この唾液が歯の表面を守っています。マウスピースをすると、歯の表面に唾液がつきにくくなるため、虫歯のリスクは上がってしまいます。これはワイヤーを使った矯正治療でも同じか、むしろワイヤーの方が磨きにくくリスクはさらに上がります。しかし、マウスピース矯正は取り外しができるという最大のメリットがあり、しっかりいつもと同じように歯磨きと予防をしていれば、虫歯に困ることは少ないです。さらにマウスピース矯正治療中にも、必ず定期的な検診と定期クリーニングは行っていきます。これも基本原則としてお約束をお取りしていきます。

 

Q4、虫歯や歯周病などの病気があっても矯正はできますか?歯並びだけを治したいのですが…

 

→虫歯や歯周病は全て治して、進行しない状態にすることが必要です。ですので、治療の後、当院で力を入れて行っております、「予防」をしっかり理解して取り入れ、患者さんの予防の意識、技術が高まってきてから矯正治療に進んでいきます。これをしっかり守らないと、矯正治療中に虫歯や歯周病が進行したり、せっかく矯正治療で歯が綺麗に並んで、そのまま予防しない状態が続くことによって、歯を喪失してしまったりと、最悪の状態を引き起こしかねません。ぜひこの、「予防」前提の矯正治療を、しっかりとご理解いただければ幸いです。

 

今回は4つの質問についてお答えしました。次回もまた、この形式で皆さんに情報をお伝えして参ります!

自分の歯並びが気になる方、もっと詳しくお聞きしたい方は、ぜひ当院にいらして下さい!お待ちしております!

 

副院長 渕澤 一徳

カテゴリ:

2021/06/30
大切な栄養素タンパク質とは?

皆さんこんにちは!

青森県八戸市根城よしだ歯科 歯科医師の田口美加です。

明日から当院は名前が変わり、「根城よしだ歯科」から「八戸総合歯科・矯正歯科」になります。

それに伴って、皆さんのお口だけでなく身体の健康も含めてサポートしていきたいと考えており、当院では5月より栄養療法のキャンペーンを始めました。

栄養療法とは血液検査を行い、体内の栄養素の潜在的な欠乏を診断し、それぞれの状態に応じて食事改善や医療用サプリメントによって健康を獲得していくというものです。

そこで今回は、皆さんの身体にとって非常に大切な栄養素である“タンパク質”についてお話していきます。

 

まず皆さんに質問です。以下の項目でいくつチェックがつくでしょうか?

①肉や卵などはあまり食べない

②野菜中心、あるいは和食中心である

③豆腐、納豆などの大豆食品をよく食べる

④ご飯やパン、麺などで食事をすませてしまうことがある

⑤成長期である

⑥妊娠、授乳中である

⑦ステロイド剤を使用している

⑧スポーツをする、あるいは肉体労働である

⑨胃薬をよく使う

⑩腕や太ももが細くなった

10項目中3項目以上当てはまった方は、タンパク質不足かもしれません。

人間の身体を構成している60%は水分、20%は脂質・ミネラル・糖質などですが、残りの20%はタンパク質でできています。

タンパク質とは全身の細胞を構成する主成分であり、皮膚・筋肉・臓器・血管・血液・ホルモン・免疫抗体などを作る材料となります。

1日に必要なタンパク質は、体重50kgの方で50~75gであると言われていますが、通常のお食事では1日に20~30g程度しか摂れません。

さらに、タンパク質は体の中に貯蔵庫がないため、毎日欠かさず摂取する必要があります。

皆さんは「お肉」や「お魚」を普段どれくらい食べていますか?

タンパク質には動物性と植物性があり、どちらもバランスよく食べることがとても大事です。

加えて、タンパク質を吸収して効率よく利用するためには、胃や腸など消化管の環境を整えることも重要になってきます。

 

そして、皆さん意外に思うかもしれませんが、心の健康を保っているのも実はタンパク質なんです。

私たちが感じる“悲しい”や“嬉しい”などと感じられるのは、タンパク質が作る神経への信号を出す物質によるもので、そのやり取りが頭の中でバランスよく行われることで私たちは毎日さわやかに過ごすことができています。

 

タンパク質はお食事の他に、プロテインでも手軽に摂ることができます。

普段の生活からタンパク質を意識して摂っていきましょう。

歯科医師 田口美加

カテゴリ:

2021/06/22
赤ちゃんの歯ブラシの選び方

みなさん、こんにちは!!
 青森県八戸市根城よしだ歯科 歯科医師の成田くみ子です。
小児歯科を担当させていただいております。
赤ちゃんの歯ブラシの選び方について書いていきます。
はじめての歯ブラシは、
〜赤ちゃんが持つもの〜
①ブラシのヘッドが小さい
②柄が小さくて持ちやすい
③喉付き防止がある
〜ママが持つもの(仕上げ磨き用)〜
①ヘッドが小さい(歯ブラシの毛がついているところ)
②毛が短い
③柄が長い
④毛が細くて密集している
〜歯ブラシの使い方のポイント〜
①力がはいりすぎないように、鉛筆もちをする
②小刻みにちょこちょこ磨く
③みえにくいやりにくいところから
ガーゼで食べカスは落とすことができますが、虫歯菌は歯ブラシをつかわないと綺麗になりません。
ガーゼだけに慣れてしまうとガーゼから歯ブラシに切り替えがなかなかできないケースもあるので、はやくから歯ブラシになれることが大事です。
赤ちゃん期はとくに上の前歯が虫歯になりやすいです。
歯の裏側は磨き残しになりやすいので、裏側から磨くようにしましょう!!

2021/06/04
介護保険と歯科治療

皆さん、こんにちは!

根城よしだ歯科の歯科医師の坂本です。

今回は歯科でも使用できる介護保険についてお話したいと思います。

前回のブログでもお話ししましたが、現在日本人の平均寿命は年々伸びてきています。2019年度では男性81.4歳、女性87.4歳となっています。多くの人がそれだけ長生きできる時代です。しかし健康寿命といわれる介護なしで生活できる寿命と平均寿命の間には10年くらい差があるのが現状です。

そのような時代に、介護が必要な方にその費用を給付してくれるものが介護保険です。

保険ですから、みんなで保険料を負担して、必要な方に給付する仕組みになっています。どんな保険でもそうですが、給付を受けるには色々手続きをしなければなりませんし、受けられるかどうかの審査もあります。

制度の運営主体(保険者)は、全国の市町村と東京23区(以下市区町村)で、保険料と税金で運営されています。サービスを受けるには原則1割の自己負担が必要です。ただし、前年度の所得に応じて、自己負担率が2割あるいは3割になります。

40歳になると介護保険に加入が義務付けられ、保険料を支払うことになります。

介護保険の加入者には第1号被保険者(65歳以上の方)と第2号被保険者(40歳から64歳までの方)の分類があります。保険料の支払い義務はどちらにもありますが、サービスの対象者 (受給者) は、原則として第1号被保険者だけです。

第2号被保険者は老化に起因する疾病(指定の16疾病)により介護認定を受けた場合に限りサービスの対象となります。

介護保険には、介護度(要介護1~5など)に応じた支給限度額があります。この範囲内でケアマネジャーはケアプランを作成します。

そのケアプランによりサービスを受け介護保険を使う事になりますが、歯科でも介護保険を使う事が出来ます。

ただ使用するにはいくつか住んでいる場所の条件があります。

  • 介護保険が使用できる

居宅

グループホーム

有料老人ホーム

小規模多機能施設など

サービス付き高齢者

  • 介護保険が使用できない

介護老人福祉施設

介護老人保健施設

病院

以上のように介護保険は入居している施設によって取り扱いが変わってきます。

医療保険だけではなく、介護保険を使用することで、歯科だけではなくケアマネージャーなど多職種で連携して、患者さんの口腔ケアを管理する事が出来るようになります。

根城よしだ歯科での訪問診療でも介護保険を使用することができます。多職種連携による口腔ケアを目指し日々行っております。

何か心配ごと相談ごとがございましたら、一度ご相談ください。

カテゴリ:
ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517
  • ネット予約確認
  • 初めての方へ 初診料金

    当院はむし歯・歯周病予防型歯科医院のため治療後の定期メインテナンスにご賛同いただける方のみご連絡、ご相談ください。
    ※歯周病完治後のメンテナンスは自費診療となります。
  • バーチャル体験
  • 痛いのが苦手な方へ
  • 経営者向けインタビュー
  • 院長紹介

診療時間

9:00-13:00
14:30-18:00

月~土

9:00-13:00 14:30-18:00

休診日

日・祝日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

求人情報

  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • 小児歯科赤ちゃん歯科ママDr.ブログ
  • スタッフブログ


TOP