ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

よくある質問

相談なのですが、9ヶ月の赤ちゃんの舌の裏にリガフェーデ病ができていて、下の前歯で噛んで何度か出血がありました。歯医者で前歯の先端を丸く削ってもらい、今は出血する事なく潰瘍も悪化はしてません。ですが、やはりまた悪化するリスクがあるので、おしゃぶりを進められました。今迄おしゃぶりを使った事はないので、少し抵抗もありました。実際試した所泣いて嫌がります。根気強く続ける様にと言われましたが、やはり、続けるべきでしょうか?おしゃぶりはやはり必要でしょうか?

確かにおしゃぶりをするのも良いと思いますが、なかなかうまくできない場合は無理にしなくても良いと私は思います。
お母さんの母乳を飲むときに下の歯が舌に傷つけてしまうと思うので、母乳を飲むときにはおしゃぶりはしにくいと思うので、おしゃぶりできなくても大きな影響はないと私は思います。

もしこれからも悪化するようであれば、下の歯をレジンという(プラスチック)の樹脂で一時的にコーティングしてあげて、歯を丸くしてあげると、さらに傷ができにくいです。その後上の歯が生えてきたら、下の歯のコーティングは歯科医院で簡単に取ってもらいます。

なので おしゃぶりは無理にしなくても大丈夫。
今後、悪化するようなら、コーティングという方法もあります。

カテゴリ:

月別アーカイブ

ご予約ご相談はお気軽にどうぞ0178-43-0517

診療時間

9:00-13:00
14:30-18:00

月~土

9:00-13:00 14:30-18:00

休診日

日・祝日

ご予約・ご相談

0178-43-0517

当院の地図

〒039-1166
青森県八戸市根城9-4-7
駐車場14台完備

求人情報

  • 歯科衛生士 みさこの気まぐれ日記
  • 小児歯科赤ちゃん歯科ママDr.ブログ
  • スタッフブログ


TOP